【時事問題】安倍首相の「こんな人たち」発言

朝日新聞の記事より引用します。

「こんな人たちに負けるわけにはいかない――」。安倍晋三首相が東京都議選の応援演説で、自らを激しく批判していた人たちを前に発した一言が波紋を広げている。多様な世論に耳を傾け、意見をまとめ上げる立場の最高権力者が、有権者を敵と味方に分けるかのような発言。「丁寧に説明する」と強調していた首相の言葉はどこへ行ったのか。
(略)


安倍発言に批判的な論調ですが、納得しがたいものがあります。

これは選挙「戦」での演説中です。「敵と味方を分けるかのような発言」は当然ともいえます。

しかも、「こんな人たち」とはは応援演説に対して「帰れ」とか「辞めろ」と叫んで邪魔していた人たちのことです。

邪推かもしれませんが、朝日新聞は民進党や共産党の党首が街頭で野次られたら、“民主主義をはきちがえている”とかなんとか言って批判の矛先をヤジった方に向けると思います。

こういうことは個々の政治家に対する好悪の念で意見を決めるのではなく、一般的に(どんな政治家であっても)街頭で応援演説をしている政治家をヤジって邪魔するのがよいことかどうかと考えるべきことです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle