【朝日新聞】「こんな人たち」は「個人」の集まりなのか

7月20日朝日新聞朝刊のオピニオン欄。日本大学大学院法務研究科教授(憲法学)の蟻川恒正氏による「憲法季評」。『「こんな人たち」首相発言 国民を「個人」と見ぬ不明』

 7月2日の都議選で敗れたのは、自民党東京都連というよりは、安倍内閣である。内閣支持率が投票日を前に急落し、選挙での歴史的大敗のあと更に落ち込んだことは、この観測が大きく誤っていないことを裏づける。選挙戦最終日、応援のため秋葉原駅前に立った安倍晋三首相は、集まった多くの市民による「安倍辞めろ」「帰れ」の連呼に「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と叫んだ。
(略)
 この発言で注目すべきは、「こんな人」ではなく「人たち」である。秋葉原でのうねりのような連呼を受けて、ネットでは「あれは共産党に動員されたのだ」といった風説が流れた。首相もまた、連呼する市民を何らかの組織の人たちと直感的にみなしたものと思われる。演説を邪魔されたと感じたとはいえ、1票でも多く票を取り込みたい投票日前日に有権者を攻撃することができたのは、「こんな人」呼ばわりをしても、失う票はその組織の「人たち」の票だけであり、コアな支持者の結束はむしろ高まると判断したからではないか。だが、その判断は誤りであった。事態を動員に帰す前記の風説に対し、連呼に参加したと言う人々から、「誰にも指図されず一人で行きました」という声が相次いだ。「私は行けなかったけれど、自分の声を代弁してもらえたと感じた」と、名も知らぬ参加者に感謝する不参加者のツイートが続いた。
 「辞めろ」の連呼は自発的に湧き起こったものと考えるほかない。秋葉原で首相の眼前に現われた政権批判者には、彼ら自身も気づいていなかったが、相互に独立した無数の「同志」がいた。だからこそ、あのような開票結果になったのである。
(略)  


普通に考えて、首相が「こんな人たち」と批判をしたのは、選挙期間中の演説を邪魔するように罵声を浴びせかけてきたからです。動員かどうかを問題視したわけではありません。

また、「こんな人たち」の全てが、だれかの指図を受けてきたわけではないことは、認めますが、十中八九、“安倍首相に「辞めろ」コールをしてやろう”という誘いかけはあったはずです。指図されて集まった人たちでないから「辞めろ」の連呼が自発的、というのは飛躍があります。

この後、蟻川氏は安倍首相が『国民を「個人」と見ぬ不明』の持ち主、と非難しますが、前提が間違っていますので、説得力皆無です。

蟻川氏は、野党の党首の演説にも「個人」が集まって演説を邪魔する可能性も考えるべきです。その時も『「辞めろ」の連呼は自発的』と言うつもりでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle