【映画】ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

主演:トム・クルーズ

事前情報なし(予告だけは見ていました。チラシももらっていましたが写真とあおり文句に目を通しただけで詳しい部分は呼んでいません)で観にいきました。

ホラー映画にトム・クルーズが出ているのかと思ったら、アクション映画でした。本当はホラーのつもりかもしれませんが、タメもなく化け物が暴れまわるのでアクション映画になっています。

冒頭で、ミイラの女王の来歴の説明があったのはびっくりです。こういうのは中盤まで引っ張っていって、

“まさか、これは王女アマネット!?”
“いったいそれは何だい?”
“実は、我々研究者の間の噂で、歴史から封印された王女がいるとされ云々”

といった会話で紹介されるのが普通です。

よく言えば、凄く分かりやすいです。小さな子供でも大丈夫。

ジキル博士(ハイド氏に変身する彼です)が出てきたり、怪奇現象を調査する謎の組織が出てきたり、と子供むけの映画です(夏休みだからいいのかな?)。

王女の墓(実は牢獄)がエジプトではなくメソポタミアにあった理由も分からないままです。アメリカ軍の軍人とからませたいから無理矢理イラクにあったことにしたかったのでしょうが、そういう映画の外の事情は別に、映画世界内部での理由づけがないのは駄目です。

悪く言えば、子供だましの映画です。

後で調べたら、この映画は“ダーク・ユニバース”というプロジェクトの第一弾で、「魔人ドラキュラ」とか「フランケンシュタイン」とか「ミイラ再生」などをリメイクしていくそうです。

あんまり期待できそうにないプロジェクトです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle