FC2ブログ

【死後整理】相続税

人が死ぬと、残された家族には大きな仕事が待っています。相続税の申告です。

ただし、相続税の申告は全員がするわけではありません。現在の法律では資産が

3000万円+(法定相続人×600万)

以下の場合は申告は不要です。この額を基礎控除といいます。

基礎控除を超えたとしても必ずしも相続税を収めるとは限りません。基礎控除以外にも配偶者控除とか、小規模宅地の特例などを使えば相続税を減額したり、ゼロにしたりもできます。基礎控除以外の控除を使って相続税がゼロにする場合も申告は必要です。つまり

イ)基礎控除以下なので申告しない。相続税は納めない
ロ)基礎控除を超えているが、特例を使う申告をして相続税を納めない
ハ)申告をして相続税を納める

の3パターンです。ロ)とハ)の場合は、一定期間内(現在は10か月)に税務署への書類提出が必要になります。

税理士に頼むと書類を書いてくれますが、税理士によるのでしょうが数十万の手数料がいるみたいです。

私は相続税の知識なんてなかったのですが、自力で申告書が書けました。素人でもできなくはないと思いますが、税理士に頼んで手間を省くという考えもあり得ます。

税理士を頼むメリットは節税効果が期待できる場合です。この場合は、節税分より税理士費用が上回ったら本末転倒になります。銀行預金などは税理士が計算しようが素人が計算しようが額に違いはでません。不動産や家業の算定などは、税理士のテクニックで節税できる余地があるかもしれません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle