FC2ブログ

【アニメ】ヴァイオレット・エヴァーガーデン

作画に定評のある京都アニメーションの作品です。事前にコマーシャルがバンバン流れていたので期待が高まっていました。

京都アニメーションの作画のすばらしさがもっともあらわれるのは、キャラクターの豊かな表情です。これは他の制作会社の作品ではちょっと真似ができないレベルにあります。また、幼女キャラクターの可愛らしさも特筆すべきものがあります。

本作の主人公は、幼女ではなく、しかも無表情キャラということで、あえて得意分野を捨てたところで勝負をかけてきたのでしょうか。

後半の感情を理解したあたりからの表情の作画は流石としかいいようがありません。

一方で、設定には疑問が残ります。

あの精巧で強靭な義手を作れる科学技術と、せいぜい第二次大戦後程度にみえる社会とが釣り合っていません。タイプライター全盛の世界に、意思で自在に動く義手は考えられません。

また、代筆屋が成立するのは、文盲率が高くないと無理です。しかし作中、手紙を受け取った人は誰もがスラスラと手紙を読んでいました。みな文字が読めるようです。わざわざ人を雇って手紙を書かせる理由はありません。

主人公があんなに強いことにも理由が語られませんでした。大戦後に行き場をなくした精強な兵士の物語としては「ボトムズ」や「パンプキンシザーズ」が先行しますが、これらの作品では主人公の兵士が強い理由がありました。しかし本作ではまったくありません。

作画は最高ですが、世界設定はダメダメでした。どう評価したものが悩みます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle