FC2ブログ

【時事問題】財務省事務次官のセクハラ

財務省の福田事務次官がセクハラ騒動の末、辞意を表明しました。

週刊新潮に、この事務次官が女性記者にセクハラ発言があったと報じました。事務次官の声と思しき音声も公開しています。福田氏は、”記者に対してこういう発言をしたことはない”、”接客業の女の子にならこういうことを言ったかもしれない”と否定。財務省は、女性が出てこないと調査が進まないとして、指定の弁護士事務所に名乗り出るように要請。そして、テレビ朝日が未明に、自社の社員が被害者であると発表。これを受けた形で福田氏は辞意を表明しています。ただし、全体を通して聞けばセクハラには当たらない、としています。野党は麻生財務大臣の辞職を求めています。


福田氏の最初の否定会見は、音声は接客業の女性相手のものだとして決着させるつもりだったようです。

これは不可解です。全体を聞いてどうだかはともかく、そんなに大昔のことではないので記者相手に発言したことは分かっていたはずです。

”そんな発言を記者相手にしたことはない”という当初の説明が嘘だったことになり、信用を失いました。危機管理としてあまりにもおそまつです。


財務省が被害女性からの調査を求めたことが非難をされました。

私にはこの非難は理解できません。

被害女性を守ることの重要性は理解できますが、週刊誌の一方的な記事だけで処罰することはできません。財務省の指定した弁護士には会いたくないというのは分かりますが、自分で代理人を指定して告発することはできるはずです。

代理人ではありませんでしたが、テレビ朝日の発表が事実上同じ働きをして、これにより事態は進展しました。これがなければ何も進まなかったはずです。

麻生大臣の”福田事務次官の人権も守らなければならない”というのは暴論ではなく正論です。


女性記者ははじめテレビ朝日の上層部に相談したところ”二次被害の恐れがある”として、報道しませんでした。このため、女性は週刊新潮への告発に踏み切っています。

テレビ朝日上層部のいう二次被害というのがわかりません。強姦みたいな案件であれば、被害者が名乗り出ると好奇の目にさらされる危険があります。今回は卑猥な言葉を発せられたというだけですのでこれには当たりません。上長を告発すると組織で生きていくのが難しいということもあります。しかしテレビ朝日と財務省には上下関係はありません。財務省が怖いからもみ消したという見方は成り立ちません。これまでさんざん財務省を叩いたのですから、セクハラ告発を遠慮するのは不自然です。


この件で、野党が財務大臣の辞職を求めるのは行き過ぎです。一般の会社で部長が取引先の女性にセクハラ発言をしたからといって社長が辞めるということは考えられません。あくまで本人の責任です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

まったくえいびさんのおっしゃる通りだと思います。
野党が財務大臣の辞職を求めるのは、他に妙手がないが故の単なるパフォーマンスですね。
この件よりも、決済文書に盲判を押していると公言した事のほうが問題だと思います。財務大臣がそんな事を言ったらおしまいですよね。

一連の問題で内閣支持率が大きく下がってきていますが、次に任せられる政党がない以上、自民党政権はまだまだ続くのでしょうね。

各新聞社の支持率調査のアンケートも、いいかげんなモノですよね。
よく電話がかかってきますが、いきなり音声ガイダンスですからね。かけてきているほうが音声ガイダンスって、まったく失礼な行為ですよね。
それでなくても営業電話が多いものですから、音声ガイダンスとわかった時点で電話を切ります。
とてもまともなアンケート結果が取れているとは思えません。

Re: No title

コメントありがとうございます。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle