FC2ブログ

【朝日新聞】多様性というなら、互いに譲歩すべきでは?

4月19日朝日新聞朝刊オピニオン欄。「記者有論」のコーナー。オピニオン編集部・岩崎賢一の「ムスリム女性の嘆き 外国人の背景、理解深めて」より

 「スカーフをかぶって仕事をするのが、なぜ、だめなのですか」
 インドネシアから来た女子留学生(20)が、私に問いかけた。スカーフとは、イスラム教徒の女性が髪を隠すために頭に巻く「ヒジャブ」のことだ。彼女にとってイスラム教は「生活のガイドブック」。中東と違い、インドネシアではここ数年、カラフルな布でエレガントな巻き方が女性の社会進出と重なり、インターネットを通じて広がった。
 彼女は今春、早稲田大に入学した。留学生は資格外活動の許可があれば1週間に28時間まで働ける。入学前に、日本語学校に通いながら、語学力の向上と、家族の仕送りの負担を減らすためにアルバイトを探した。アパレルショップの面接では、「お店の規則」としてイヤリング禁止、軽いメイクなどの説明を受けた。彼女がスカーフに関する規則を尋ねると「後で確認します」と言われた。説明はないまま、「ご希望に添いかねることになりました」と書かれた不採用通知が届いた。
 それ以前にも、面接日が決まっていた会社に電話をかけ、「スカーフをかぶっていてもいいですか」と質問。しばらく待たされた後に「募集は終わりました」と断られた。
 スカーフ着用が不採用の理由と言い切れないが、そう考えるに足る不自然な様子はお分かりいただけると思う。
 同様のことは医療現場でもある。経済連携協定で来日するインドネシア人看護師候補者をサポートする首都大学東京の石川陽子准教授は「日本の受け入れ病院とのマッチングでもよくある問題です」と言う。候補者は看護助手として働きながら日本の国家試験合格を目指す。スカーフには事前に条件を示す病院もあるが、来日後に外すことを求める病院もあるという。石川准教授は「(外せと言われた側は)アイデンティティーが損われたと思うのです。日本人は宗教への関心が薄く、宗教と生活の結びつきを理解できず、『日本人と同じに』と言ってしまうのでしょう」とみる。
 訪日外国人が増え、東京ではスカーフを巻く女性をよく見かける。ただ朝日新聞の「声」の欄には「不快と恐怖を感じる」「ムスリムの慣習が通用する場所で生活して」という投書も届く。お互いが持つ違和感が強くなれば、いずれ偏見につながる。冒頭の彼女は、欧州より寛容と思っていた日本の現実に「悲しい」とつぶやく。
 高齢社会、人口減社会の日本は、経済の活性化や社会の維持に外国人の力は欠かせない。ダイバーシティーという言葉が盛んに使われるようになった。しかし、国籍、人種、宗教といった外国人の背景にある多様性について、日本人の想像力と対応力はまだまだだと感じた。


のっけから驚いたのは次のくだりです。
>スカーフとは、イスラム教徒の女性が髪を隠すために頭に巻く「ヒジャブ」のことだ。
大多数の日本人にはスカーフは分かりますがヒジャブにはなじみがありません。したがってここは、「ヒジャブとは、イスラム教徒の女性が髪を隠すために巻くスカーフのことだ」という説明が妥当です。

あえてこのような記述をしたのはなぜなのでしょう。

インドネシアの女子留学生が思うに、日本人に「ヒジャブ」と言ってもわからないでしょうから「スカーフ」と表現した。しかし岩崎氏の対象の読者にとっては「ヒジャブ」は常識。インドネシア人が思うより日本人のインテリはイスラム教に理解があるんだよ。

ということを言外に言いたかったのでしょうか?

それはともかく中身です。

私自身は、街中でヒジャブを巻いたイスラム教の女性がいても不快でもないし、恐怖も感じません。むしろ、不快で怖いといった意見を朝日新聞に投書する読者がいることに驚いたくらいです。

よその文化圏から来た人間の習慣はできるだけ尊重すべきだと思います。

一方でかつてこういう事例がありました。イスラム教の国でサッカーの国際試合があり観戦に向かった日本人女性はみなスカーフを頭に巻いていた、というもので、美談っぽく報じられていました。

これもよその文化を尊重するという意味では一見すると同じです。しかし内実はずいぶんと違います。一方は、日本に来たイスラム教徒の習慣を日本人は受け入れなさいというもので、もう一方はイスラム教国にいった日本人は現地の習慣を尊重しなさいというものです。

常に、多様性を示すのは日本人側で、イスラム教徒は我が道を貫いてよし、という方針です。

「多様性」というのであれば、お互いに歩み寄るべきで、一方だけが譲歩するのはおかしなことだと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

グローバルとか多様性は日本には必要ないと思いますね。
旅行に来ているイスラム教徒に配慮してもいいと思いますが、日本に定住するとなると話は別です。日本の文化を受け入れ、そっちを重視する人だけを受け入れればいいと思います。日本は移民国家じゃないから海外の人が来てくれているのだと思うし、イスラム教徒が日本で会社を起こし、イスラム教徒を雇うなら好きにすればいいと思いますが、何でもかんでも日本が受け入れるべきという主張には反対します。

Re: No title

こんにちは。
コメントありがとうございます。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle