FC2ブログ

【テレビ】クローズアップ現代+(4月23日)

4月23日、NHKの「クローズアップ現代+」のテーマは「“道徳”が正式な教科に 密着・先生は? 子どもは?」でした。

2018年から「道徳」が正式教科となりました。現場の先生の苦労を伝えています。

一年前から試験的に「道徳」をしていた小学校の例が紹介されていました。授業で次の教材が出されました。

“ある朝、たかしがお母さんに1枚の紙切れを渡しました。それは、せいきゅう書でした。たかしは、「お使い代」「お掃除代」「お留守番代」として、500円を請求したのです。
お昼どき、お母さんは500円と一緒に小さな紙切れを渡しました。お母さんからの請求書でした。「病気をしたときの看病代」「洋服や靴」そして「おもちゃ代」など、いずれも0円。それを目にした、たかしの目には涙があふれました…。”

これを読んで、お母さんの気持ちはどういうものなのか、意見を言わせるというものです。

たいていの児童は空気を読んで、”家族の愛は無償だ”といったことを答えていました。しかし一人だけ”子どもっていいな。えらいことするとお金がもらえるから、私も子どもがいいな”というのが母の気持ちだ、と言い出した児童がいました。

その児童の両親は共稼ぎで、いつも家族の世話で大変な母を想っての発言だったそうです。しかし、先生はその気持ちを授業中にくみ取ることができず、児童は涙ぐんでしましました。

先生は、一つの価値観にとらわれることなく多様な見方をどうやって認められるかということに悩み反省していました。


感想です。

「道徳」と言っている以上、言葉は悪いですが、一つの価値観に統制することです。”時間を守りましょう””人を傷つけてはいけません””挨拶はきちんとしましょう”、といった具合です。

多様な見方で考えるというのは高度な知的作業で必要なのですが、小学生には難しすぎます。小学生の国語力では、母親を想う気持ちを、”(母は)私も子どもがいいな(と思っている)”という表現しかできないのです。これでは議論になりません。

道徳を教科にすることの賛否はともかく、学校の先生たちが(文科省が?)目指しているのは難しすぎます。”一方的な押し付けをしたくない”という気持ちからなのでしょうが、”ああも考えられる、こうも考えられる”というのは道徳ではなく哲学です。

それに大多数の児童は、教材の目指すところを察して「答え」を見つけられます。これでは道徳を守る子供を育成するのではなく、忖度する能力を開発しているだけです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle