FC2ブログ

【朝日新聞】アメコミは日本で人気なの?

5月3日朝日新聞朝刊に「アメコミ映画、無敵のパワー マーベル10周年、世界興収1.6兆円」という記事が載りました。

マーベルのアメコミ映画が世界的に人気を博しているという記事です。

 スパイダーマン、アイアンマン、キャプテン・アメリカといった超人が活躍する映画シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)が今年で10周年を迎え、世界の映画市場を席巻している。最新作を含めて19本が公開され、全興行収入は世界で1兆6千億円を超える。
 先月27日、MCUの最新作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が日米同時公開された。米国では公開初週の週末3日で興行収入2億5千万ドル(約270億円)を突破、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の記録を上回った。日本では1日までの5日間で全国で観客約99万人、興収約14億5千万円を得た。
 MCUの原作は米国のマーベル・コミックス。マーベルの現名誉会長のスタン・リー(95)らのもと、スパイダーマンなどのキャラを生み出してきた。それぞれの物語の主人公らが共に戦う「アベンジャーズ」も人気となった。
(略)
 日本での過去18作の興行収入の合計は約270億円。世界興収のごく一部だが、平均すると1作15億円。「アメコミ映画はヒットしない」という定説を揺るがし、ファン層を手堅く広げているといえる。
(略)


記事では世界でも日本でも大人気とうたっていますが、記事にある数字を読むと疑問がめばえます。

比較するのに全世界では1本だけ多いですが、19本目は最近の公開ですので誤差として無視します。

虚心に数字を読むと、シリーズ19本の全世界の興行収入は1兆6千億円です。日本での過去18本の興行収入は270億円。つまり日本での稼ぎは1.7%に過ぎません。

人口比でいうとそんなものかもしれませんが、国の経済力を考慮すると大人気とはとても言えません。

日本の映画チケット代は高いと聞いていますので、興行収入だと1.7%ですが、観客動員数ではさらに低いと予想できます。

海外で大人気なものが日本では相対的に不人気だとするとそれはなぜだろう、と考えるのが記者の仕事だと思います。これでは、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を後押しするための提灯記事といわざるをえません。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle