FC2ブログ

【展覧会】くまのパディントン展

於:Bunkamuraザ・ミュージアム
無料券があったので覗いてきました。

「くまのパディントン」というのはイギリスの児童文学で知っている人には有名な作品らしいです。私は映画化されたのをテレビで観ただけで本は読んだことはありません。映画も出演者が豪華だったのは覚えていますが、ファミリー向けの毒にも薬にもならぬ、という感想でした。

展覧会は、挿絵や人形などが展示されていて、ファン向きのようです。原作者(すでに故人)のインタビュー画像なども流されていました。

人語(英語)をしゃべる熊がペルーからロンドンにやってきて親切な一家で世話になりあがら色々な騒動に巻き込まれる、というのが骨格のようです。展覧会を回りながら気が付いたのですが、これはイギリスの落ちもの(漫画などで使われる人間の主人公のもとにロボットとかお化けとかが、空から落ちてきたのように現れ、同居生活を始めるというもの。「ドラえもん」とか「オバケのQ太郎」とかが系譜)ですね。

子供がいっぱい来てました。

6月25日までです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle