FC2ブログ

【朝日新聞】『弱者が弱者に「自己責任」』

5月5日朝日新聞朝刊。シリーズ「憲法を考える」の3回目『弱者が弱者に「自己責任」』より

(略)
 4月中旬、埼玉県川口市で路上に寝泊まりする人たちに声をかけるボランティアに同行した。生活保護の申請を勧められても、男性はあいまいに首を振って再び紙の箱に潜り込んだ。
 「生活保護を受けるのは悪と刷り込まれている」。見回りをしながら弁護士の小林哲彦さん(52)は小さな声で言った。ともに「反貧困」の活動を10年以上続ける藤田孝典さん(35)は近年、見知らぬ人から非難されることが増えたという。
(略)
 助けを求めるのは甘え。そんな空気が社会に染み出したのは、14年前のあの出来事からだろうか。
 今井紀明さん(32)は当時の記憶が一部途切れている。イラク中部ファルージャ近郊で、他の2人と一緒に武装勢力に拘束された。解放されて帰国した後、「自己責任」という言葉が18歳の生身に降り注いだ。
(略)
 「保護なめんな(HOGO NAMENNA)」。そう書かれたジャンパーを神奈川県小田原市の生活保護担当職員らが着ていたことが昨年、発覚した。
 この問題に関し、市が設けた有識者らの検討会で座長を務めた井手英策・慶応大教授(財政社会学)は、全国から寄せられた投書を読んで驚いた。約2千件のうち、45%が「よくやった」と職員を擁護する意見だった。
 「自分だって大変なのだから、生活保護を受けずに我慢しろ。そんな意識が根にある」。年収300万円未満の世帯が3分の1を占めるようになった日本社会で、経済的な弱者が別の弱者に敵意を向けている、と井手教授は分析している。
 中間層が転落の不安を感じている欧米諸国でも、同様の風潮が生まれている。一昨年に私が取材した米大統領選では、トランプ氏の支持者らが「移民やマイノリティーばかり優遇されるのはおかしい」と語っていたのを思い出した。
 加えて、日本社会に根強い「働かざる者食うべからず」という意識が、この傾向に拍車をかけていると井手教授は考える。憲法には25条の「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」(生存権)と、27条の「勤労の権利と義務」がともに書かれている。今の日本は「勤労の義務を果たさない人の命を軽んじる社会」だという。
 グローバル化を背景に主要各国で蔓延する情念と、日本独自の価値観が交わった地点に広がる荒れ野。誰でもいつか、ぬかるみに足を取られるかもしれない。
 不毛な足の引っ張り合いをやめるには、この国の人すべてを包む仲間意識、言い換えれば、「私たち」という感覚を育むことが欠かせない。
 「自己責任」という乾いた言葉で、人々の間に分断線を引くのではなく。



誰でも、事故や大病で働くことができなくなることはあり得ます。その場合に頼りになるのは社会のセーフティーネットです。生活保護制度の重要性は疑うべくもありません。

しかし、社会保障に使うお金が空から降ってくるわけではありません。不適切な使い方に納税者が異議を申し立てる権利を持つのは当然です。

厳しい意見を寄せた人たち一般を差別主義者みたいに評するのはどうかと思います。


イラクの人質事件に関して、人質を非難した人たち。トランプ大統領を応援した人たち。生活保護受給者を非難する人たち。

これらはそれぞれ別の集団です。共通点を持つ、つまり同じ思想で行動していると断定することはできません。

イラク事件の人質を非難した人の手紙やトランプ支持者に会った経験から勝手に、生活保護を非難する人たちは「経済的な弱者」と決めつけるのは間違いです。

かつて”ネトウヨは低学歴・低収入”という決めつけが横行したのを思い出します。

自分と意見が異なる人たちを根拠なく低収入と馬鹿にするのは品性に欠けます。


「働かざる者食うべからず」 は新約聖書が出もとで、共産主義者がよく使っていたことで有名です。

どこから見ても日本の独自の価値観ではありません。

そもそも前の段落で「欧米諸国でも、同様の風潮が生まれている」と書いたのを忘れているのでしょうか。

高尚ぶった文明論ですが、底が知れています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

生活保護そのものを非難しているわけではなく、
働けるのに働かない引きこもりニートの親が死んだとか、
ベンツ乗ってるのに隠してパチンコ行ったりしてるやつや
年金払ってない在日が保護受けてたりが表に出てきてから、それを是正できない行政に対しての怒りや、大卒初任給以上の保護を受けてたり、年金より保護のほうが多いという現状に文句がある人が多いですね。生活保護は甘えという考えはまじめに働いてるワーキングプアより貰ってて、保護を受けている人間がテレビに出て20万じゃ生活できないとか訳のわからん文句を言ってるからですね。

Re: No title

おっしゃる通りです。
コメントありがとうございます。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle