FC2ブログ

【ウルトラセブン】第四十二話:「ノンマルトの使者」

ノンマルト、怪獣ガイロス登場。

「ウルトラセブン」のみならず「ウルトラ」シリーズ最大の問題作です。いままで宇宙からの侵略者と戦う地球人と地球人に協力するウルトラマンやウルトラセブンという構造でした。自衛権と集団自衛権行使みたいな話です。しかしこの回では、現在の地球人こそがかつての侵略者だったのではないか、という超絶的な問いかけがなされます。

子供の頃は、深く考えていなかったのかちっともショックを受けませんでしたが、深刻なテーマです。実は、第十七話「地底GO!GO!GO!」でも同じ設定を、さらっとですが触れていますが、ナレーションで言っているだけで劇中のキャラクターは気に留めていません。今回は、明確な証拠こそないものの地球人=侵略者説を突きつけています。

ただし、ノンマルト(の代弁者の真一少年)の言を100%真実だと仮定しても、現在の地球人が侵略者であるかどうかは微妙です。ノンマルトがもともと地球産なのはいいとしても、現在の地球人だって地球産かもしれません。ホモサピエンスとネアンデルタール人みたいな関係もあり得ます。

現地球人の祖先が宇宙から飛来する技術を持ち、地球に住んでいたノンマルトを海に追いやり、その事実を忘れるというのは非常に考えにくいことです。ノンマルトも地球人も地球生まれのヒト族で、ノンマルトは地球人の祖先(ホモサピエンス?)との生存競争に負けたと考える方が自然かもしれません。

ノンマルトは、イギリスの原潜グロリア号を乗っ取り海岸の漁村に砲撃をします。見たことがあると思ったら、第二十一話:「海底基地を追え」と同じパターンでした。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle