FC2ブログ

【朝日新聞】どう思いますか:“議員候補者「男女均等」に違和感”

6月13日の朝日新聞朝刊の投書欄。毎週掲載の、投書に対する反響の投書を載せる「どう思いますか」のコーナー。テーマは、“議員候補者「男女均等」に違和感”です。

元の投稿は宮城県の無職の男性(76)の投書です。

(略)
国会で「政治分野における男女共同参画推進法案」が議論されているそうだ。女性議員を増やすため、男女の候補者の数ができる限り均等になることを目指すという。ただ、政党に女性候補者擁立を促す努力義務を課すというのは、なかなか強制的だと思う。
確かに男女平等の点からは良い考えであろう。国政でも地方議会でも女性議員が増えているとはいえ、まだ少数派だ。もっと女性の声が政治に届けられるべきだろう。
しかし、この法案が通ったら、優秀な男性の議員や立候補志望者を閉め出すことにならないか。国民の議員選択の自由を阻害し、政治が貧弱なものになるのではないか。だから、この法案に危惧の念を抱く。
政治家は、男性か女性かということの前に、まず人物本位、あるいは政治家としての資質で選ばれるべきだと思う。


一般からの反応は四通です。

大阪の翻訳業の女性(57)は、

(略)
女性の社会進出が進んだ今なお「女性は家事・育児を最優先すべきだ」という旧来の考え方は根強い。「家のことはどうする」といった周囲の圧力で立候補を断念する女性も多いだろう。資質を持ちながら、活躍の場を得られずに埋もれている女性は確実に存在する。「優秀な人物が締め出される」という懸念は、女性に関してはまさに現実のものなのである。
候補者を男女均等にせねばならないなら、政党も適性ある女性をもっと必死に探し始め、議会も女性が働きやすい環境を整えるようになるだろう。そのとき初めて、男女にかかわらず人物本位で政治家が選ばれるという理想が実現するのではないだろうか


現実に女性が差別されているのだから、法律で差別されている側(女性)を優遇して差別を解消せよ、という意見です。

しかし私には、女性がたくさん立候補して議員になったって、社会にはびこる女性に対する「旧来の考え方」が矯正されるという理屈がわかりません。

静岡県の無職の男性(85)(元学者のようです)は、女性には男性にはない視点があるのだから、という理由で元投書に反対しています。

これは、女性には男性が持っていない能力があるのだから、立候補者を半々にするのは正しい、という意見で論理的な整合性がとれた反対意見です。

神奈川県の主婦(41)は、元投書への反論ではなく、世間にある「議員を志す女性の発掘、育成に時間がかかる」という声に反論しています。そうした政治家志望者ではなく、普通に生活している人の中から人材を見つけるべき、という意見です。

しかし私には、政治家になりたいと思う段階でそれは「普通」ではなく、形を変えた政治家志望者に他ならないと思います。

東京都の男子高校生(16)は、元投書の意見に賛同しています。

(略)
私は、良い政治家が選ばれるなら、男も女も関係ないと思う。男女均等にすれば、政治が男女平等になるという確証はどこにあろうか。まして性別がどちらともつかぬことだってあるのだ。
そもそも、男女差別の原因は、こうした男女を分けて考えるところにあろう。差別の原因がどっちの側にあると言っていては、性の溝はいつまでも埋まらない。性別に関係なく、個人を寛容に認められる心が差別をなくす唯一の方法ではないだろうか。
男女平等という制度によって解決しようとするのは、いささか強引であると思う。上からの力よりも、市民一人ひとりの心がけが真の解決につながると思う。


若いのにたいへんロジカルで説得力のある文章です。感心しました。

さて、識者の枠ですが、今回は服飾評論家のピーコ氏です。

政治家をどう選ぶかという点で議論しているのに、服飾評論家が識者として登場するのは違和感があります。実際内容も違和感だらけでした。

今の国会に優秀な男の人ってどれだけいるの?安倍(晋三)さんに声を上げる自民党議員なんて、石破(茂)さんや村上(誠一郎)さんぐらいじゃない。男の人に過度に期待するのは幻想だと思う。
極端に男が多いと政治がいびつになるから、女性が増えるのは良いけれど、東大出とか弁護士、医者ばかりじゃだめ。男の人とは違った目で政治を見つめられる、普通の生活をしていた女の人が立候補できるようにしてほしい。
でも、法律はできたけど、どこまで本気なの。「3人以上の子供を産み育てていただきたい」なんて発言を聞くと、落ちそうな女の人を候補者にするんじゃないかと思ってしまう。本気で女性議員を増やしたいなら、比例名簿の上位は女の人を優先するぐらいしないと。受かりやすくなったら、女の人だってもっと立候補してくるって。


元投書は、男一般は優秀なのに立候補できないのは問題、と言っているのではありません。男の中の一部の優秀な人が男女平等参画推進法で閉め出される、という問題提起です。ピーコ氏の誤読です。

また、安倍首相にものを言えるのは優秀さとはあまり関係ありません。第一に意見が違うからという理由です。第二に、政治力の問題で、総理総裁に下手なことをいっても大丈夫な立ち位置でないと言えません。

ピーコ氏は安倍首相が好きでないのかもしれませんが、安倍首相にものを言わない議員が優秀でない、というのは正しくありません。

一般の反応はどれもきちんとした意見だったのに、識者の枠(で書いている一般人)がレベルを下げているように感じました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

選挙権が制限されてるならともかく、男女共に同等の権利を有している状況下で性別ごとに枠を定めなければならない理由が不明です。
こんなことをしても女性側の不満が解消されるとは思いませんし、男性側が感じる不公平感は更に拡大してゆくでしょう。

声高に男女の格差を叫ぶ人々が、思わず知らずに男女間の溝を拡大させて行く姿は滑稽であり、ある意味薄ら寒いです。

Re: No title

俺だよ!さん
いつもコメントありがとうございます。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle