FC2ブログ

【ウルトラセブン】第四十三話:「第四惑星の悪夢」

怪獣や宇宙人との闘いもないかわりに、ウルトラセブンはビルを壊しロケットを攻撃しと見た目だけは逆転したような話です。

前回の「ノンマルトの使者」と並ぶ「ウルトラセブン」の問題作です。テーマはコンピューター(ロボット)による人間支配というかなりよくあるテーマで、創作物だけでなくもしかしたら現実に起きるかもしれないという普遍性も備えています。

ダンとソガの両隊員が乗り込む宇宙ロケット・スコーピオン号は計器による自動運転で乗員は何もしなくていいという優れものです。これが人間がなにもしなくなったのでロボットに支配された第四惑星への道を暗示しています。

第四惑星では、資源となる人間が不足し始めたので(迫力あるドラマのためエキストラの人間を殺したりしているからかな?)、地球を侵略して地球人を手に入れようとします。

そのためにスコーピオン号をおびき寄せた、という説明ですが、説明になっていません。侵略のためのロケットを飛ばすのにスコーピオン号を鹵獲する必要はないはずです。むしろ疑われるだけ損です。第四惑星の出来事は夢だったのでは、というほのめかしがありましたが、この点を見ると夢だという説に説得力があります。

ほか夢説を裏付ける根拠があります。ソガ隊員の前でダン隊員がウルトラセブンに変身します。しかも、変身(ようするに巨大化)しながらビルを内側から壊すというかっこいシーンがありますが、これではソガ隊員は死んでしまうはずです。しかし、その後ソガ隊員は何事もなかったようにダン隊員と地球に帰ります。やっぱり夢だったのでしょうか?

第四惑星に降り立った両隊員は眠っている間に地球に(日本に)帰ってきたのではないかと疑います。風景は日本と変わりありませんし、日本語の看板もあれば、日本語も通じますが、実は地球ではありませんでした。

これは高名なアメリカのSF映画を思い出させます。この映画では人口冬眠していた宇宙飛行士が別の惑星に降り立ったと思ったら実は地球だったというオチがあります。そこの惑星の生物は英語を喋っているのだからはじめから気づいてもよさそなものなのですが・・・

なお、この映画の公開は1968年で、「第四惑星の悪夢」も1968年です。どちらが先かはっきりしません。もしかしたら偶然の一致かもしれません。

地球と第四惑星の距離は、ロボット長官の言によれば「120億万キロ」離れています。変です。「億」は一万集まると「兆」です。「億万」というのは言葉ではあるかもしれませんが、単位としてはありません。いまどきのSFだったら「光年」という単位を使うはずですが、この時代では「光年」は一般的でなかったようです。「兆」は子供には難しいと思って避けたのかもしれません。

ところでこの回も、「ウルトラセブン」で頻出する妙齢の姉と少年期の弟というパターンが出ました。何度目でしょうか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle