FC2ブログ

【時事問題】「万引き家族」騒動

6月18日朝日新聞の記事『「万引き家族」の是枝監督、発言機に議論 「助成」「公権力と距離」、矛盾するのか』より

 「万引き家族」でカンヌ国際映画祭の最高賞(パルムドール)を受賞した是枝裕和監督が「公権力とは距離を保つ」と発言したことに対して、「助成金をもらっているのに矛盾している」と批判があり、賛否の議論がわき起こっている。文化助成とは芸術家の思想や表現を縛るものなのか。
 発端は、林芳正文部科学相が7日、対面して祝意を伝えたい意向を示したことだった。是枝監督は同日、映画がかつて「国益」や「国策」と一体化し、大きな不幸を招いたとして「公権力とは潔く距離を保つ」と辞退する考えを自身のサイトで示した。そのうえで「万引き家族」が文化庁の助成を受けていることに謝意を示して、映画文化振興のための予算拡充を訴えた。
 是枝監督の姿勢に、「補助金をもらっていながらあきれた発言だ」などとツイッター上で批判がわき、それに対して反論する意見も相次いでいる。
(略) 
  日本でも08年、公費助成を国会議員が問題視したことなどをきっかけに、一部の劇場がドキュメンタリー映画「靖国」の上映を取りやめたことがある。「日本は、お上から助成を受ける以上、反政府的なものをつくるべきではないと自主規制をする傾向はないとは言い切れない」と話すのは、深田晃司監督(38)だ。
 自身も公開中の「海を駆ける」で1千万円の助成を受けたが、日本の映画に対する支援は「量的にも質的にも十分ではない」と言う。助成金が振り込まれるのが完成後のため、製作期間を乗り切る見通しが立たない団体が事実上申請できない制度になっている。「結果的に資本力がある大企業などの後ろ盾がなければ立ちゆかなくなっている。本来、文化庁の助成金は映画の多様性のためにあるべきなのに」と話す。
 助成金を巡る今回の議論について、是枝監督は「国からの“施し”ではなく、文化発展のための税金再配分なんだということが結果的に広まり、そこに意味があったと思う。国の助成とは本来どうあるべきかという議論に届けば、と願っています」と話している。



記事では、この件の発端は文科大臣が祝意を伝えたいと言ったことになっていますが、本当はその前段があります。仏のマスコミが、カンヌ国でパルムドールを取ったのに日本の政治家の反応がない、と報じたことです。

要するに、フランスで賞を取ったら外国の政治家は大喜びすべきだ、ということでしょう。「中華思想」というのは中国に向けた言葉なのでフランスには使えませんが、フランス版中華思想です。

ぴったりの言葉はないのでしょうか?


外国で日本人が活躍したのは別に映画だけではありません。バレエでも、カーレースでも、飛行機競争でも、ホットドックの早食い競争でも活躍しています。

その度に政府が祝意を出しているようには思えません(←知らないだけかもしれませんが)。

カンヌのパルムドールは素晴らしいとは思いますが、日本政府が特にほめたたえなければならないとも思えません。


映画関係者から、助成金をもっと出せ、という声があるようです。

こういう意見には違和感があります。本来的には採算の取れないような創作物は世の中に必要とされていない、と判断されるべきです。国の伝統芸能のように、廃れてしまうと惜しいものは、税金で(みんなのお金で)保護するというのはあります。しかし、創作物すべてに当てはまるわけではありません。

映画関係者が、俺の作品には客が入らないので赤字になるから税金をよこせ、と言わんばかりなのは首を傾げます。


助成金をもらっている是枝監督が文科相の祝意を断ったというのは、私としては批判はありません。助成金の条件に政治家に挨拶することというのがあったわけではない以上、監督の自由です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle