FC2ブログ

【朝日新聞】儒学思想を政治に生かせるのか?

6月20日朝日新聞朝刊オピニオン欄。中国人民大学教授・康暁光氏のインタビュー記事「中国、儒学思想を政治に」より。

 ――中国の政治に、儒学的な思想を織り込む「儒家憲政」の必要性を主張されていますね。そもそも今の中国で儒学思想はどれほどなじみがあるのでしょう。
 「小中学校、大学で儒学を扱うことが増えています。テレビにも数多くの番組があります。それよりも、中国の若者の間で意外な現象がみられます。彼らは米国映画を好み、米国人のような服装を着ていますが、深層の考え方はたいへん儒学的で、個人主義的な傾向はあまりみられないのです」
 「ある調査で『個人は独立した主体。誰も他人の道具、手段になってはならない』、『社会は調和させる必要がある。家庭、社会抜きに個人は存立しない』のどちらを選ぶか聞くと、大半は後者でした。中国社会は儒学的なのです」
(略)
 「現代の中国は市場経済です。これはトウ小平の貢献です。もはやスターリンや毛沢東の計画経済に後戻りすることは不可能でしょう。これが大前提。市場経済に最も適合するのは、憲法に基づく政治、憲政です。中国の文化の主流は儒学思想だから、『儒家憲政』が必要だと思うのです」
(略) 
 ――「儒家憲政」は、具体的な制度を伴うのですか。
 「『儒家法院』という司法機関が必要になります。これが私の理論の核心です。中国の歴史と文化について深い知識がある儒学者らによって構成され、憲法と儒学の古典を踏まえながら審査する。これは主に過去の人々を代表し、現在の行動を審判するものです」
 ――儒家法院と、ふつうの裁判所の関係はどうなるのでしょう。
 「立法、行政、司法の上位にあって監視する立場です。他国にある憲法裁判所に似たものと考えればいいと思います」
(略)
 ――儒学の考え方を本当に今の政治に生かせますか。
 「儒学思想の『礼』は普遍的なものです。礼は制度、今の言葉でいえば法律です。礼を理解しないこと、守らないことは戒められます。今でいう法律の尊重という面で、儒学は明確な根拠を与えているわけです。儒学思想から現代の憲政の核心概念へと発展させ、両者はしっかりと結び付けることができる。人権、法治、国家主権。深くつながります。儒学の理想は古代には必ずしも実現できませんでした。憲政と結びつくことで現実となりました。中国にとって唯一の政治の道と信じます」
(略)
 ――もし、中国で過激な指導者が選ばれ、国の方向を誤ったら?
 「その人の政策が儒学思想に反するなら、儒家法院によって厳しい裁きを受けるでしょう。ふさわしくない政策は廃止されます。通常の憲政のもとでも、人権を踏みにじる政策は否定されますね。それと同じように、儒家憲政のもとでは儒学の価値観で判断が下されます。民族主権の考え方によって、過去と未来に責任を負う。儒学思想によって、現在を生きる人々が制約されるわけです」
 「かつては良い政治を求めるなら、良い君主の出現を期待するしかなかった。良い君主を持つには、教育して、徳を身につけてもらうしかなかった。現代は、悪い統治者が出てきたら代えることができる。より有効な政治制度が可能になっているのです」


『個人は独立した主体。誰も他人の道具、手段になってはならない』と『社会は調和させる必要がある。家庭、社会抜きに個人は存立しない』を選ばせたら、後者の方が多かったから中国では儒教が生きているという理屈はおかしいです。

この設問は、個人主義か全体主義(あるいは集団主義)のどちらかを選ばせています。ファシズムだって共産主義だって全体主義です。これだけでは儒教の影響なのか共産主義の影響なのか判断できません。

それよりわからないのは、「儒家憲政」の実態です。具体的なイメージがさっぱりわかりません。儒家法院なるもののメンバーが公正な方法で選定されるかという核心がぼやけています。

それに、私の理解では儒教の本質は忠孝の思想です。忠孝の思想で国家を安定させられるというのは、前提として皇帝が世襲で、臣下も基本的に世襲だからです。

時代錯誤の意見だと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

^^

儒教と言わず儒家思想と述べているのが面白いところですね。礼は法律。国際法無視の共産党Chinaが何を言っとるんでしょうか?ただひたすらに「ご都合主義・中華さま」都合の良い所だけ抜き取るイカサマシ。共産党教ある故儒家思想と申さねばならぬなりw^^)/

Re: ^^

waravino様
今の中国人にとって、西洋の政治思想は忌々しいけど、いまさら共産主義に戻れないので、儒教を持ち出しているのでしょうね。もちろん古代の儒教そのままでは復活できないので、換骨奪胎した「儒家思想」なのだと思います。
コメントありがとうございました。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle