FC2ブログ

【朝日新聞】社説:野田氏の発言―言葉を選ぶ器量を待つ

朝日新聞社説より

首相をめざす志があるなら、よく考えてほしい。
 野田佳彦財務相が、靖国神社に合祀(ごうし)されているA級戦犯について、戦争犯罪人ではないとの見解を示した。野田氏は小泉内閣時代、戦争犯罪人だとする小泉氏に反論しており、15日の記者会見で「(当時と)基本的に変わりありません」と答えた。
 野田氏は、小泉内閣への質問主意書に以下の趣旨を記した。
 「戦犯」は関係国の同意のもと赦免・釈放され、あるいは死刑が執行されている。刑が終了した時点で、罪は消滅するのが近代法の理念である――。
 刑を終えたのだから、もはや犯罪者ではない。まつられているのが犯罪者でない以上、首相の靖国参拝にどんな問題があるのか、という理屈立てだ。
 だが問われているのは刑を終えたか否かではなく、彼らの行為が戦争犯罪かどうかであり、歴史認識である。野田氏の議論は焦点を外している。国の内外を問わず、戦争で肉親を失った数多くの人々の心情をいたずらに傷つけるだけだ。
 野田氏は現職閣僚であり、まもなく行われる民主党代表選に立候補する意向を固めている。首相になれば過去の歴史を背負い、日本国を代表して発言しなければならない。行動を慎み、言葉を選ぶのが当然だ。
 一方で、野田氏はこの終戦記念日に参拝しなかった。02年に代表選に立候補した際は「外交問題を引き起こす」ことを理由に、首相になっても終戦記念日の公式参拝はしないと言った。
 外交を大切にするのなら、誠意ある言葉で説明すべきだ。発言を受けて、韓国外交通商省は「侵略の歴史を否定しようとする言動だ」と批判している。中国や韓国のみならず、東京裁判を主導した米国との関係にも良い影響は及ぼすまい。
 代表選に立候補しても、この点を問われるに違いない。その時、自らの歴史認識も含めてきちんと話し、代表、そして首相の有資格者だと示してもらわなければならない。
 野田氏は、文芸春秋9月号に公表した「わが政権構想」で、国内産業の衰退や、電力・エネルギー、財政の「三つの危機」に取り組む決意を示している。
 確かに、いま優先すべきはそれらの課題だろう。とすれば、課題に取り組めるよう、野田氏は自ら環境を整えるべきだ。
 歴史をめぐる問題は、苦労を重ねながらここまで積み上げてきた。国のリーダーの言動で再び歩みを止め、処理すべき課題に向き合えない事態を繰り返すべきではない。


朝日新聞が推定している野田氏の論理は違っていると思います。

野田氏が言っているのは、「戦犯」の法律的位置づけでだと思います。これが一般の罪に相当するのかどうかです。罪を償ったかどうかを問題にしているのではなく、法律でいうところの罪なのか、ということです。

朝日新聞が言っているのは、「戦犯」の歴史的評価のようです。これは、誰の責任なのか、何をしたことの責任なのかが問われます。朝日新聞は、A級戦犯に責任がある、と考えていますようですが、A級戦犯とは、連合国が勝手に訴追したものです。東京裁判を根拠に、A級戦犯を悪だとするのは、無理があるように思います。

また、何の責任なのかについてです。東京裁判が暗に主張しているのは、文明国に野蛮な日本が戦争を仕掛けた、というものです。朝日新聞は、この歴史観にたつのでしょうか。

私には、朝日新聞の歴史観の方がわかりません。

先般の「千載一遇発言」の妙な報道姿勢といい、特定の政治家を狙い撃ちにしているような気配を感じます。

参)【朝日新聞】「千載一遇チャンス」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle