【朝日新聞】同和地域の中学に不適切発言 福岡教育大、論文集に記載 

朝日新聞の記事より引用します。

福岡教育大学(福岡県宗像市)が2009年8月に福岡市で開いた講演会で、外部の講師が、校区内に同和地域がある中学校で教師が直面する「困難」を、ユダヤ人が大量虐殺された収容所に例えて、「学校なんかじゃない。アウシュビッツ」などと述べ、同大がこの講演録をそのまま掲載した紀要(論文集)を発行していたことが分かった。同大は「不適切な内容だった」として紀要の回収を始めた。
 講演会は、県内の小中学校の現役教師などを対象に開かれ、名古屋市立中学のスクールカウンセラーの経験もある愛知県内の私立大の男性教授(61)が「対応困難な保護者の見立てとその対応」と題して語った。
 講演録によると、この教授は、「いわゆる同和地域が校区内にある学校」で、4人の教師がある保護者に計20万円を「たかられた」ことや、うつ病で休職に追い込まれる教師が毎年2、3人いると紹介。この中学校を辞めたいという教師の相談に乗り「ここは学校なんかじゃない。特殊訓練の施設。あるいは、アウシュビッツ。そう考えれば、移るとき1冊書けますよ」と助言した、と語った。
 講演録では、その発言の直後に「(会場笑)」と、講演を聴いた教師らの反応も書かれている。
 さらに、「私の仕事はその保護者をどう警察に捕まらせるか。そのためにどんな罠(わな)をしかけて、どんなふうにするといいかという、そういう秘策を練って学校側も試みたんです」「11月には捕まってもらいました。私は頼まれたらどんなことでもしますからね(会場笑)」と発言したことも記されている。


記事の文面からすると、学校をアウシュビッツにたとえたのが問題のようです。

では、アウシュビッツの看守とユダヤ人に対応するのは何なのでしょうか。普通に考えれば、先生と生徒だと思います。しかし、この教授は話に登場するのは、教師と保護者だけです。保護者は学校施設の外にいますので、アウシュビッツではたとえるものがありません。この教授の言では、教師は被害者ですので、教師はユダヤ人にたとえられているのでしょうか。しかし教師が無理やり学校に収容されているというのはおかしな状況です。

アウシュビッツで、誰かが誰かに「たかられた」というのもよくわからない話です。

なんだかさっぱりわからないたとえ話です。「不適切発言」ではなく、「意味不明発言」と呼ぶべきです。

誰かが苦情を言って大学が紀要を回収した、というのは事実なのでしょう。記事に載っていない事情がたくさんあるのかもしれませんが、もう少し掘り下げて報道してほしいです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle