FC2ブログ

【展覧会】没後160年記念 歌川広重

於:太田記念美術館

広重没後160年を記念した展示です。160年とかちょっと無理やりっぽいですが、まあよいでしょう。有名作もありますし、他の画家との協同制作の絵もありで、バラエティーに富んだ展示でした。

たまたまですが車椅子のお年寄りの男性も観覧に来ていました。奥さんらしき人と、介護ヘルパーっぽいおばさんが付き添っています。

この太田記念美術館は珍しくバリアフリーではありません。私が知っている美術館でバリアフリーでないのはここだけです。しかも、この美術館、ホームページに”バリアフリーじゃありません”と謳っていません。この人たちはもしかしたら車椅子で全部鑑賞できると信じ込んで来たんじゃないでしょうか?

展示室はB1F、1F、2Fです。B1Fは展覧会によっては講演会場になりますので、その場合は1Fと2Fだけが展示室です。今回はB1Fも展示室になっていました。また1Fの一部は畳敷きになっていて靴を脱いで鑑賞する仕組みです。

車椅子だと1Fのフロアーの移動はできますが、畳敷きとB1F、2Fへの移動に問題があります。

どうするんだろうと見ていたら、畳敷きのところは距離をとってフロアーから鑑賞、2Fへはヘルパーさんが支えて階段を上っていました。車椅子はあとで手で運びます。2Fにあがって下るのに疲れてしまったのか、B1Fはあきらめたみたいです。

建築のことはよく分かりませんし、予算の問題があるのは分かりますが、車椅子の人でもできるかぎり不自由なく移動できる方法はないものかと思いました。

ところで、車椅子を上げるのを手伝ったのですが、私が介護で使っていた車椅子よりはるかに重かったのでびっくりしました。訊いたら二十キロ超だそうです。帰宅後、手元にある介護用品のカタログを見たら軽いのなら8キロ、重いので24キロでした(電動はもっと重いです)。重いのは丈夫で座り心地がよさそうですが、使い勝手からいうと軽い方が便利です。車椅子をこれから借りる人、買う人は重量も念頭にいれてください。車椅子に乗る人の希望だけでなく、押す人の都合も大事です。

前期:9月24日まで
後期:9月29日から10月28日まで
※前後期で全点入れ替え。半券提示で200円のリピータ割引あり

参)【朝日新聞】障碍者の付き添いからの入場料は?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle