FC2ブログ

【雑誌】新潮45 10月号

特別企画『そんなにおかしいか「杉田水脈」論文』で各方面(含む自社)から批判をあび休刊に追い込まれた「新潮45の10月号」を読んでみました。話題になった時買おうと思って本屋に走ったのですが、どこでも売り切れか未入荷だったらしく手に入りませんでした。図書館から借りて読むことができました。

特別企画の具体的にどこがおかしいのか議論が深まらなかったのですが、ネットの情報を頼りにすれば、概ね小川榮太郎氏の『政治は「生きづらさ」という主観を救えない』が標的にされたと考えられます。

杉田水脈氏の論考に関しては私は否定的な考えを持っています。参)【時事問題】杉田水脈発言

ここでも小川氏の論考には反対しますが、小川氏の人格批判をする意図はありません。

小川氏の意見は、主に次のように要約できます。
1)性的な話題は表立って語るべきことではない
2)例外を除いてほとんどの生物はオス・メスに分かれる。レズやゲイという性は存在しない
3)LGBTの権利を認めるなら、サド・マゾ・お尻フェチ・痴漢の権利も同様に保障すべきである。(だから、LGBTの権利を認めるべきではない)
4)政治は「生きづらさ」という主観を救えない

1)について。同性愛者であることを公言することが性的な話題だというのが飛躍しています。同性どうして具体的にどういう風に性行為が行われるのかを事細かに語りだしたらそれは表立って語るべきことではないとは思います。これは異性の性行為についても同じです。しかし、異性愛について語るのと同様に、同性愛者について語っただけでいちいち淫靡な連想する方がおかしいのではないかと思います。

2)の説はまったく分かりません。性がオス・メスだけだというのは認めますが、それがどうして同性愛否定になるのか理屈になっていません。

3)については、小川氏が痴漢の権利を擁護したかのように(わざと?)誤読した向きがあり、その点に関しては気の毒だと思います。

真面目に反論すれば、痴漢は被害者がいるのでLGBTと同列にできません。サド・マゾ・お尻フェチは黙っている限り、もしかしたら公言したとしても、賃貸物件が借りにくかったり、パートナーの病室に入れてもらえなかったりはしません。サド・マゾ・お尻フェチはそもそも権利を侵害されていないのです。

4)について。政治が「生きづらさ」を全面的に救えないというのはその通りだと思います。しかし救える部分もあります。いくつかの地方自治体が取り組んでいる程度のことは問題ないとうのが私の意見です。

特集の他の人の意見も読んでみて、小川氏の論考が批判を浴びた理由の一つが分かりました。他の人の意見をまとめると概ねこのようになります。

藤岡信勝氏・・・竹内久美子氏と上野千鶴子氏への反論
松浦大吾氏・・・LGBT運動に乗っかってきたリベラル勢力への違和感
かずと氏・・・尾辻かな子氏への批判
八幡和朗氏・・・杉田水脈氏の称揚
KAZUYA氏・・・当事者そっちのけで騒ぐ人たちへの違和感
潮匡人氏・・・NHKの報道への批判

松浦氏とKAZUYA氏、小川氏以外は具体的な相手を定めて批判していますので、正しいかどうかはともかく再批判するにせよ具体的にならざるを得ません。

松浦氏(自身もゲイ)とKAZUYA氏はLGBT当事者と周りで騒ぐ人たちをわけて議論していますので、再批判があったとしても冷静な議論が望めます。

しかし小川氏の場合は、具体的に反論する相手を想定せず、当事者も野党もマルクス主義者もなんもかんも一緒くたにして叩くという乱暴な議論を展開しています。これでは、集中砲火を浴びるのもやむを得ません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle