FC2ブログ

【言葉】しこう

各方面から批判の放火をあびた新潮45 10月号の『そんなにおかしいか「杉田水脈」論文』ですが、その批判の一つとして幾人かの論者が「性的嗜好」という言葉を使っていたことが理由になっていました。同性愛や両性愛を表現するのは「性的指向」というのが正しいのに「性的嗜好」という言葉を使ったというものです。

「しこう」と読む漢字はいくつかありますが、紛らわしいものが「嗜好」「指向」「志向」です。辞書(広辞苑)で確認してみました。

嗜好:
たしなみこのむこと。このみ。

指向:
1)めざして向かうこと
2)さしむけること
3)⇒しこう(志向2)

志向:
1)心の向かう方。意向。志趣。
2)「哲」(intendierenドイツ)意識は常に具体的な何ものかについての意識であり、意識がその何ものかに向かっていることを志向という。ブレンターノ・フィッセルはこれを心的作用の特性とした。指向。
3)(intention)動機としての目的の観念に対し、それを実現するに必要な手段及び予想される結果の観念をいう語


つまり「性的嗜好」(英語ではsexual preference)と表現すると同性愛や両性愛を自分で選択したもの、後天的なものという印象になります。

「性的指向」(英語ではsexual orientation)と表現することで、生まれつき、要するに先天的なものであるとう意思表示を兼ねています。

新潮45は論者が勝手に書いて発表するネットような媒体ではないので校閲があるはずです。校閲の指摘を受けても、あえて「嗜好」を使ったのだと思います。

公平に考えて、同性愛や両性愛がすべて生まれつきだと断言する根拠は乏しいように思います。同時にすべての同性愛者や両性愛者が自分の意思とは無関係だとは断言できません。

現に、日本では衆道は武家のたしなみ(要するに「嗜好」)とされていた歴史があります。「性的嗜好」という表現をしただけで怒られるというのはやや納得しがたいものがあります。

なお、同じ音で「志向」という言葉があります。ある特定の国々との外交関係で”これからは未来志向の関係で・・・”というのをよく聞きます。両国の心を未来に向けていこうという意味なのでしょう。しかし、その国々は舌の根も乾かぬうちに”歴史が~、過去が~”と言い始めます。

これは”我が国の「志向」は未来だけど「嗜好」(=趣味)は過去ですヨ”という意味なのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

水田さんの発言は今や両性愛や同性愛が認められようとする時代に逆行しているのでしょうね。!?
批判されるのは仕方がありませんが、彼は本心では反対意見には賛同していません。なぜなら子供を産むことができない”ことは真実だからですね。
嗜好と言わずに志向といえばよいのでしょうか?これまたおかしな論理です。汗)
問題は米国でも一部の州政府が認めているだけですが反対もあります。
人間の本来の姿からすれば、人種差別には無関係に同性愛や両性愛は法律的に認められないということが常識と思いますね~~汗)怒られますかね~~汗)

Re: No title

荒野鷹虎さん
ご意見ありがとうございます。
私としては、同性愛も両性愛も個人の問題だと思っていますが、同性婚についてはまだ考えがまとまっていません。
いつもコメントありがとうございます。

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle