FC2ブログ

【朝日新聞】どう思いますか:“eスポーツはスポーツなのか”

10月31日の朝日新聞朝刊の投書欄。毎週掲載の、投書に対する反響の投書を載せる「どう思いますか」のコーナー。テーマはeスポーツはスポーツなのか”です。

元の投稿は愛知県の無職の男性(76)の投書です。

電子機器を介して対戦する「e(エレクトロニック)スポーツ」を、五輪競技に加えようとする動きがある。
9月23日付け朝刊「私の視点」で桐陰横浜大の吉田勝光特任教授は「障害のあるなしにかかわらず対等な立場で競い合えるし、体を動かしにくい高齢者でも楽しめる。(中略)スポーツとしての可能性が高まるだろう」という。
スポーツとは、ルールに基づく肉体運動を通じて、社会性や心身の健康を得るものであろう。だが、eスポーツは身体的運動に乏しく、人と直接にはふれあわない。つまり肉体的な運動ではなく、単なるコンピューターゲームではないか。
世界保健機構は、ゲームがやめられず、日常生活に支障を来すゲーム依存症を「ゲーム障害」という精神疾患に位置付ける。私は未来を支える若い人たちがゲームに取り込まれ、依存症になっていくのを見たくない。eスポーツをスポーツと認めることに反対する。


これに対して一般の反響が4通来ています。

佐賀県の高校生(17)は、eスポーツの選手だって勝利のために日々努力しているし試合が終われば互いに健闘をたたえ合っているのだから、eスポーツはスポーツと言える、と主張。

千葉県の会社員の女性(23)は、eスポーツも対戦相手があり観客がいるのだからスポーツといってもよい、と主張。

大坂府の会社員の男性(55)は、eスポーツは五輪ではなく独自の祭典で競えばいいのではないか。eスポーツは単なるゲームである、と主張。

東京都の会社員の男性(56)は、eスポーツはスポーツでもなく芸術でもない。将棋や囲碁に近い概念の競技ではないか。五輪に取り入れるのは反対である、としています。

識者の代表は日本スポーツ協会の森岡裕策常務理事です。身体的活動ではないということや外国で受け入れつつあるなど、あれこれ言っていますが『「ガラパゴス化」は避けたいが、慎重に検討していきたい』とどっちつかずの言葉で締めくくっています。


私見です。

論点が混乱しているように思います。論点は
1)eスポーツはスポーツと呼ぶに値するか
2)eスポーツは依存症などの理由で推奨すべきものではないのではないか
3)eスポーツを五輪競技に加えることは妥当か
の三つかと思います。

1)の点は、「スポーツ」という言葉の定義の問題にすぎません。「sport」なのかどうかといえば英語を母国語とる人たちが決めればよいことですが、「スポーツ」はすでに日本語なので日本人が考えます。

日本語で「スポーツ」と言えば遊戯や競争などの肉体運動のことで、競技ではない登山・ハイキングも入っているように思います。しかしコンピュータゲームをスポーツと呼ぶのは違和感があります。

2)の点は、eスポーツだけではなく伝統的スポーツでもある問題です。スポーツが体にいい、などというのは一般人が余暇でやっているレベルまでで、世界で競うようなレベルの練習量となると肉体に歪みを生じさせるか、競技以外の社会生活が皆無になるというのが通例です。つまりeスポーツも伝統的スポーツも変わりありません。

eスポーツをスポーツと呼ぶと奨励したことになると心配するのも結構ですが、その前にスポーツを推奨し過ぎていることの心配もすべきだと考えます。

3)の点は簡単です。五輪というのはどんなに人気があろうと公的なものではありません。私的な団体が主催する競技大会です。したがってその運営団体が決めればいいことで、仮に五輪にeスポーツを入れてそれば気に入らないからといって文句をいう筋合いはありません。嫌なら見なければいいだけです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle