FC2ブログ

【雑記】野暮な突っ込みです

NHKのNEWS WEBよりノーベル賞受賞の本庶佑氏のインタビュー記事を引用します。

日本大使館の祝賀会のあとの記者会見で本庶佑さんは「きのう記念講演を終え、私がやるべきことの半分くらいは終わったと思っています。あとはメダルをいただくという大仕事がありますが、少しは気楽にできるかなと思っています」と今の心境を語りました。
そしてノーベル賞の受賞について、「ノーベル賞をもらえる確率を考えると、先進国の5か国くらいでおよそ34万人の教授がいるので、毎年10人くらいが受賞者するとして確率は3万4000分の1になる。一方、ゴルフでホールインワンするのは2万数千回に1回と言われていて、確率的にはノーベル賞をもらうほうが難しいと言える。なので、ゴルフでは当然、ホールインはすでにやっています。僕はゴルフの夢とサイエンスの夢の両方を達成しました」と好きなゴルフと比較しながらおどけていました。
(略)


ノーベル賞は毎年やっているので、生涯におけるノーベル賞獲得確率は、3万4000分の1ではありません。

特定の年に、という限定であれば確かに3万4千分の1になります。

しかしそうするとホールインワンとの比較が間違っていることになります。ホールインワンの確率といわれる数字は、プロの場合は難易度が高いコース設定だったりアマの場合は技量がさまざまだったりするので色々言われていますが、いずれも一回打った場合の確率です。「2万数千回に一回」というのも、一回打った場合の確率のはずです。

ゴルフは1日で1ラウンド(18ホール)を回るのが基本ですが、このうちホールインワンが現実的に可能なのは、3打で上がることが基本のショートホールだけでおよそ4つです。つまり一日ゴルフに行けばホールインワンのチャンスは4回です。また、ゴルファーは一年に一回しかゴルフ場に行かないというわけではないので、1年間を通して考えると、ホールインワンの確率はもっと高くなります。

つまり本庶氏は、ある年にノーベル賞を取る確率と一回打った場合にホールインワンになる確率という比較にならないものを比較しています。

ノーベル賞受賞者にまで突っ込みを入れてしましましたが、別に他意はありません。面白いと思ったことを書いてみただけです。ご笑殺ください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle