FC2ブログ

【時事問題】厚労省不正統計問題にみる野党のふるまい

朝日新聞の記事を引用します。

(略)
 「都合のいい数字だけをつまみ食いし、都合良く成果を宣伝することばかりに腐心しているように見える」。国民民主党の玉木雄一郎代表は質問をこう切り出した。アベノミクスの効果の指標とされる厚生労働省の「毎月勤労統計」の不正調査問題が念頭にあった。
 野党は、統計不正の狙いが賃金上昇を演出する「アベノミクス偽装」だったと主張。2018年1月以降に毎月勤労統計の名目の賃金上昇率が上積みされていた点を重視する。
(略) 


厚労省の不正統計は民主党政権の時代もやっていましたので、自民党だけの責任にするわけにはいきません。そこで、安倍政権の経済政策の効果が間違いだっただろう、と搦め手できました。

たしかに統計の取り方に不正があったので、首相の誇る功績にいくばくかの疑問が生じるのはたしかです。しかし失業率が改善していっているのは確かですので、不正統計ですべてが間違いだったということにもなりません。

本来であれば、役所が統計をごまかしていたのですから、野党もアベノミクスがどうのこうのより、国家国民のために原因追及と再発防止に力をつくすべきです。それなのに政権批判しか頭にないかのような行動は嘆かわしいです。

それというのも、こうした政権批判が一部の有権者にウケがいいからだと思われます。しかしあくまでも一部の有権者であって多数派ではないので、政権奪還の道は遠いと言わざるを得ません。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle