FC2ブログ

【時事問題】教育委員会の役割の限界

父親が小学4年の娘に暴力を振るい死亡に至ったという事件がありました。娘が父親の暴力を訴えたアンケートを、市教委が父親の恫喝に屈して渡していたことが判明しました。

朝日新聞の記事より引用します。

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件で、市と市教育委員会が31日に会見し、心愛さんが父親の栗原勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=からの「いじめ」を訴えたアンケートのコピーを、市教委が栗原容疑者に渡していたことを明らかにした。市教委は「恫喝」されたと説明した。一方、厚生労働省は、市教委の行為が違法だった可能性を指摘している。
 市と市教委によると、心愛さんは2017年11月6日、当時通っていた野田市立山崎小のアンケートで父親からのいじめを訴えた。これを機に、心愛さんは千葉県柏児童相談所に12月27日まで一時保護された。
 翌年1月12日、栗原容疑者と妻(31)、学校、市教委指導課が今後の対応を話し合った際、栗原容疑者は「訴訟を起こすぞ」「(一時保護解除は)暴力がないあかしだ」などと学校の対応を批判。アンケートを見せてコピーを渡すよう強く求めた。学校側は「たたかれた」と内容の一部を伝えたが、市教委は個人情報であり「本人の同意がない」といったん拒否した。
 しかし、15日に栗原容疑者と妻が子どもの字で書かれた同意書を持って現れ、心愛さんに確認せず、同課の矢部雅彦課長の判断でコピーを渡したという。この頃、学校は保護者への情報開示などを約束する念書も書かされ、栗原容疑者に渡していた。
 心愛さんは18日に市内の別の学校に転校。2回あったアンケートでいじめを訴えることはなかった。
 矢部課長は「(12日の面会で担当者が)大きな声で恫喝され、威圧的な態度に恐怖を感じ、強い要求に屈してしまった。その後、どのような影響が出るか、心にひっかかりながらも渡してしまった」と話した。
(略) 


市教委がアンケートを見せたことに批判が集中しています。法令に反しているようですし、道義としても問題があります。

しかし、アンケートを見せようが見せまいが、一時保護の取り扱いをした際に父親から暴力を受けていると訴えていることは知らせているようです。したがって、アンケートを見せたから暴力がエスカレートしたとは言い切れません。その点で市教委ばかりを責めるのは酷なような気もします。

問題なのは、担当者が恐怖を感じるほどの態度をとったのに、身内で処理しようとしたところです。警備員を呼んで、警察に通報すべきでした。

子供への体罰は、程度が低ければ教育問題として考えるべきなのでしょうが、大人を威圧するほどになるなら警察の問題にすべきです。アンケートを見せたことより、自分たちのできる限界を見定めなかったことの方が重大なミスだと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle