FC2ブログ

【朝日新聞】「ディアスポラの旅路」

朝日新聞では月1回「GLOBE」という特別編集冊子を発行しています。どうして別冊子なのかよく分かりませんが、余分にお金をとられるわけでもなく新聞と一緒に勝手に配達されます。中身は、月刊誌っぽい時事問題を突っ込んだ記事です。新聞とは違う読み応えがあるので読んでいます。

2月3日に発行のGLOBEの記事の中から「ディアスポラの旅路」を引用します。筆者は在日コリアンの宋光祐氏。自身との体験と絡めながら「ディアスポラ」(ディアスポラ 「離散」を意味するギリシャ語。本来はパレスチナ以外の地に移り住んだユダヤ人とその社会を指すが、今はユダヤ人に限らず、故郷や祖先を離れて暮らす人やコミュニティーにも使われる) を取材しました。

ここ数ケ月、なんとなく居心地の悪い日々が続いている。韓国の最高裁が日本企業に賠償を命じた徴用工訴訟や、韓国軍と海上自衛隊の間のレーダー照射問題で、日本と韓国の間がかつてないほど険悪になっているからだ。
私の祖父母は第二次世界大戦中、当時植民地だった朝鮮半島から日本に渡ってきた。韓国にルーツがあり、日本に生まれ育った身としては、日韓関係が悪くなるたびに、複雑な気分になる。正直、発言もしづらい。
これまで、誰かに「自分では何人だと思う?」と問われれば、「日本でも韓国でもなく、在日は在日」と答えてきた。どちらの国にも帰属しない存在。それが私にとっての在日コリアンだ。だから、私は本名の日本語読みを通してきたし、韓国人として韓国語を学ぶべきだというプレッシャーを感じると反発してきた。
2001年、外国人登録証明書(外登証)を当時の小泉純一郎首相宛てに、郵送した。外登証は免許書と同じサイズのカードで、日本に暮らすすべての外国人にとっての身分証。12年に廃止されるまで、常時携帯を義務付けられており、持っていなければ罰則の対象になる可能性もあった。日本で生まれ育った在日にとっては自分が外国人であることを突き付けられる現象でもある。国への外登証の返上は不携帯を公にすることで、常時携帯義務に抗議するのが目的だった。
しかし、たまたま知り合った運動の参加者に誘われるまで、常時携帯義務について考えたことのなかった当時の私が抗議をしたいほどの怒りに駆られたのは、日本だけでなく、韓国に対しても同じだった。
返上後しばらくして、韓国領事館でパスポートを申請した時、窓口の職員から身分証明書として外登証の提示を求められた。持ってない理由をいくら説明しても理解してもらえず、「携帯は義務だ」と指摘された。「同じ韓国人なのに在日のことを何も知らない」。自分が帰属していたはずの国から拒絶された気になった。
今思えば、窓口の人は日本の法律に従って対応しただけで何も悪くない。しかし、外登証をめぐるこの体験は、韓国への「祖国」としての愛情を失うきっかけになった。本国の韓国人と在日である自分との間の隔たりに気づき、素直に韓国人と言えなくなった。
しかし、それから20年近くが過ぎた今でも私の国籍は韓国のままだ。日本人のパートナーと結婚し、生まれた子どもは日本のパスポートを持っている。私も手続きを経れば日本国籍を取得できる。その方が自然の流れかもしれないと思いながら、踏み切れずにいる。
(略)
韓国人、日本人、フランス人・・・・・・。そもそも、人が「〇〇人」と呼ばれる根拠は、どこにあるのだろう。
出生時に国籍を与えられる条件は主に二つある。その国の親から生まれることが条件の「血統主義」か、親の国籍とは関係なくその国で生まれることが条件の「出生地主義」か。日本は親のどちらかが日本国籍であることを条件にした血統主義を採用している。
(略)


外国人登録証明書を突き返したのは「常時携帯義務に抗議するのが目的」だそうですが、携帯義務の何が不満なのはよくわかりません。サイズは免許証と同じくらいというのですからかさばるわけでもなく、重いわけでもないでしょう。面倒だというのかもしれませんが、財布に入れておけば特に常時携帯が面倒とも思えません。

うがった見方をすれば日本国籍を有する者と「違い」があることが気に食わない、ということでしょうか?

外国人登録証明書を見せろといった韓国領事館の職員に対して「同じ韓国人なのに在日のことを何も知らない」とのことですが、返上した理由を分かるように説明できなかった宋氏の方がおかしいです。

本人は説明した、と言ってますがどういう説明をしたのかここに書いていないし、領事館で働くほどの人間なら平均以上の理解を持っているはずで、その人が納得しなかったのだから、きちんとした説明が方に非があったのだと思います。

また、手続きをすれば日本国籍を取れるというのに取らない理由が分かりません。取るべきだ、と言っているわけではありません。取らなくてもかまわないのですが、取らない理由が書いていないので宋氏の気持ちが分からないのです。

血統主義と出生地主義の違いを説明していますが、日本も出生地主義にしてほしいというのでしょうか。これも書いていないから分かりませんし、国籍に対するもやもやがあるらしいので、出生地主義で生まれながらに日本国籍が付与されてもそれはそれで嫌なのかもしれません。

日本国籍と取れとか取るなとか言っているわけではありません。朝日新聞で記者をやっているくらいですから、相応の日本語力はあるはずです。しかし私には宋氏が何に葛藤しているのかよく分かりませんでした。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle