FC2ブログ

【時事問題】コンビニの24時間営業

2月21日朝日新聞朝刊の記事『セブンイレブン「24時間営業限界」 FC店と本部対立』より引用します。

 大阪府東大阪市にあるコンビニ「セブン―イレブン東大阪南上小阪店」が、今月から未明の営業を取りやめた。アルバイトが足りなくなったためだ。だが、セブン―イレブン・ジャパンの本部は、「24時間営業が原則だ」として営業時間の短縮を認めておらず、対立している。
 セブンのフランチャイズ(FC)契約では、オフィスビル内にあるなどのケースを除き、営業時間を変えることを認めていない。だが、南上小阪店は1日から、午前1~6時に店を閉め、1日19時間営業にしている。オーナーの松本実敏さん(57)は、アルバイトの時給を引き上げて募集したものの、24時間営業を維持するだけの人員は集まっていないという。
 セブン本部はオーナーに対し、営業時間を戻さない場合はFC契約を解除すると連絡。その場合、1700万円の違約金が発生することも伝えた。
 朝日新聞の取材に同本部の広報担当者は、「オーナー様とは適切な意思疎通がとれていなかった。今後はしっかりと話し合い、地域社会に必要な店舗として24時間営業を継続できるよう本部としても店内態勢を整えるためサポートする」と話す。

新聞記事に書かれた以上の事象があるのかもしれませんが、新聞記事のみから考えると、セブン本部が悪いように思います。

契約で24時間営業となっている以上、勝手に1日19時間営業にするのは契約違反です。営業時間の裁量権がないことを承知で契約したのに、勝手に営業時間を変えるのはまずい行いでした。

しかし、どうしても24時間営業ができないのであれば、両者きれいに契約を打ち切るべきでした。

その際、若干の違約金が発生するのは分かりますが、1700万円というのは普通に考えて法外です。

だいたいコンビニの24時間営業なんて本当に必要だと思いません。私は夜中にコンビニを利用したことなんてありません。

こういう記事が広まると、コンビニのオーナーのなり手が減ると思います。売れ残り必至の恵方巻を無理に入荷させられたりもしているようですし・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle