FC2ブログ

【朝日新聞】国民投票の結果は尊重すべき

2月28日朝日新聞社説「英のEU離脱 時間稼ぎでない延期を」より

迷走するイギリスのEU離脱交渉についてです。

(略)
 ブレグジット(BREXIT)と呼ばれる問題が示した現実は数々ある。過去の国家像にこだわって単独行動に走っても、国境を超えた経済活動の結びつきは簡単に変えられない。これからを生きる若い世代ほど国際協調の価値を認めている。
 メイ氏が姿勢を変えたのは、与党保守党の分裂を恐れてのことかもしれない。その懸念は野党の労働党も同じだろう。いまでは解散総選挙を求める態度を改め、「2度目の国民投票」を求める方針に変わった。
 延期は6月末まで、とメイ氏は言うが、決めてかかるべきではない。再度の国民投票を含め、国民が納得する道は何か。欧州と世界にとって最善の策は何か。英国政界は全員で立ち止まり考えてほしい。


イギリスのEU離脱に関しては特に意見はないのですが、朝日新聞の論調が気になりました。朝日新聞がEU離脱に反対するのはかまいませんが、「再度の国民投票」を提案するというのはどういうことでしょうか?

もう一度国民投票をして、仮にEU残留派が勝ったら、すぐに離脱派が再々国民投票を提案することでしょう。

何度国民投票をやっても、負けた方はやり直しを求めたくなります。これに応じていてはきりがありません。

そもそも朝日新聞は先の沖縄の住民投票の結果を尊重しろ、という立場のはずです。

気に入らない結果だったら投票を無視しろ、気に入る結果だったら尊重しろ、では通りません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle