FC2ブログ

【時事問題】北朝鮮に拘束後死亡した米学生の両親の声明

朝日新聞の記事より引用します。

 北朝鮮で約1年半拘束され、昏睡状態で解放された後に死亡した米大学生オットー・ワームビア氏(当時22)の両親が1日、「金正恩(朝鮮労働党委員長)と悪の体制は、息子の死と、想像を絶する残虐で非人道的な行為に責任がある」とする声明を出した。米メディアが伝えた。
 トランプ米大統領はベトナムで行われた米朝首脳会談後、正恩氏をかばう発言をしており、これに反論した形だ。
 ワームビア氏の両親は声明で、「どんな言い訳も称賛も、(息子の死と残虐な行為があった事実を)変えることはできない」と非難した。


トランプ大統領は正恩氏が米学生のことを知らなかったという釈明を認める発言をして、それを学生の両親が非難しています。

正恩氏が知らなかったという釈明は信じがたいものではありますが、仮に本当に知らなかったとしても、原因を究明し、責任の所在をあきらかにすべきですし、トランプ氏はそれを要求すべきでした。

自国民が不当に虐待死されたことを忘れ、正恩氏個人との関係改善を優先したかのようなトランプ氏の態度は問題です。

自国の学生の死ですら「ディール」に利用するトランプ氏の振る舞いは、同盟国である日本にとっても危険なにおいがします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle