FC2ブログ

【映画】宇宙戦艦ヤマト2202 第七章 新星篇

宇宙戦艦ヤマト2202の完結編です。今回は、第七章の感想というより2202全体の感想となります。

リメイクとしては旧作にない新味を出そうと頑張っていたように思います。2199で付加された設定(波動砲禁止、デスラーのガミラス本国からの追放)もなんとか切り抜けてきました。悪条件の中奮闘したことをうかがわせます。

しかし、疑問の解消されない設定が数々あります。白色彗星を残した古代アケーリアス文明とガトランティス人という人造人間を作り出したゼムリア人との関係がよくわからないままです。

古代アケーリアス文明と、文明の頂点を極めたというテレザート星と、波動砲で宇宙を席捲したイスカンダルと、ガトランティスを生んだゼムリア人たちの関係(時系列関係)も不明です。

物語の根幹であるテレサがヤマト乗員を呼び寄せた理由もはっきりしません。

終盤の戦争シーンは派手でしたが、タメのないドンパチが延々と続くし、両軍大味な物量作戦ばかりなので少々退屈します。

最期の古代と雪の救出劇もちょっとわからないです。まるで宗教みたいです。

良かったところは、タガが外れたような時間断層を使った波動砲艦隊計画や新造艦銀河の絶望的なG計画など、これまでにないアイデアの数々です。

また、さらに新作を作れるようにか、時間断層やガミラスの政変という設定は片づけて終わらせました。

新作を作るなら付き合おうと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

第七章、私は観ていませんが(観賞せずに感想をと言うのはどうかと思いましたが)、全体を通してはおおむね同じような感覚をいだいています。

2199の設定を苦心して軌道修正してつなげたところは私も評価していますが、それに時間を割いたせいか(?)他に中途半端で終わった設定があまりにも多いと感じます。

またSFアニメという範疇でみると、かなりあり物足りなさを感じます
例えば、動力源を失い、かつ乗員のほとんどが脱出してしまったヤマトがいかにして不時着できたのか、亜高速で航行しているアンドロメダからの山南艦長救出劇(第一艦橋を吹っ飛ばされた時点でジエンドのはずが、そこから波動砲を撃って大活躍・・宇宙空間でスーツを着ているとはいえ、これはあり得ない、そしてどうして加藤機にしがみついて生還できたのか??)などなど・・・

まして、許せないのは加藤の一連の扱いですね。
そもそも軍人はあのような裏切り行為は出来ない。それでも行うなら、軍法会議で良くて地球への強制送還(予備役扱い)、そして加藤の妻子はイジメを受けて精神的に追い詰められる(もちろん擁護するものもいるが)・・・ここまで描いたなら認めますが。それも描けない中途半端なシナリオ。

軍関係に従事する者にあのような行為を行わせることは、大震災の最中に自衛隊員が自分の家族を優先的に救助に向い、目の前の助けられるはずの被災者を見捨てるようなもの、その選択肢も現代の愛の形としてありなのか!?、私が連想したのはこんなメッセージです。(これは、軍関係者でなければ、ありかもしれませんが)

実際に東日本大震災の最中、家族が被災した自衛員は自己矛盾に苦しんだようですが、あのような行為は行っていません。部隊長のそれなりに細かい配慮はあったようには聞いていますが。

劇中の加藤のような行為にメッセージ性を持たせるような、しかも中途半端なシナリオは、許せないのです。この1点で物語を通じて、この作品は最低評価です。
私は、劇場へは行かずTVで観賞する予定です。
今は、このヤマトより面白いアニメは他にもたくさんある!この制作陣のアニメは劇場で観賞する価値なし!、ですね。
もし続編があるなら、制作陣を総トッカエするなら見るかも知れません。

Re: No title

すでに第七章部分はTV放映が追い付いちゃいましたね。
私も行くかどうか迷ったのですが、半分お布施のつもりで行きました(笑)
残りの半分は、大画面で観たかったからでもありますが。

コメントありがとうございました。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle