FC2ブログ

【時事問題】「ゴジラ・ギングギドラ算」

3月11日朝日新聞朝刊オピニオン欄に「中学入試、方程式はNG?」という特集が載りました。

つるかめ算などの中学の入試問題を方程式で解くことが許されるのか、というテーマです。

どうやら多くの進学塾では方程式を使ってはいけないと教えているようですが、肝心の中学校側は”方程式でもOK”という立場のようです。

私は中学受験をしませんでしたので、つるかめ算をまともに勉強していませんでした。小学校の授業やテストでは、ややこしそうなつるかめ算で奮闘しているクラスメートを横目に、覚えたての方程式を使っていたのを覚えています。

この記事ではじめてまともにつるかめ算の解き方を覚えました。こんな感じです。

問題:鶴と亀が合わせて7匹(羽)、足の数は22本。それぞれ何匹?

解き方:1)全部鶴(足の数が少ない方)だと仮定すると、足は2×7=14本。
2)実際には22本あるので、差は22-14=8本
3)一匹の亀と一羽の鶴の足の本数の差は4-2=2本
4)2)の8本の”余分”は鶴ではなく亀のだったからなので、亀は8÷2=4匹
5)鶴は7-4=3羽
ということです。

ひどく難しいです。どう考えても方程式の方が便利です。

ところで、昔中学受験をするという姪っ子に算数の問題を作ってやったことがあります。真面目な受験対策ではありません。冗談問題です。その名も「ゴジラ・キンギギドラ算」

問題:ゴジラとキングギドラが複数体います。頭の数は9つ。足は10本。それぞれ何体?

注)ゴジラは頭が一つ、足は二本。キングギドラは頭が三つ、足は二本です。

冗談で出した問題なので解き方なんて考えていませんでした。新聞で習った解き方で解いてみようと思います。まず障害があります。鶴と亀なら頭はそれぞれ一つですが、ゴジラとキングギドラは頭の数が違います。

そこで足の方に着目します。足なら両方2本づつです。

1)全部ゴジラと仮定すると、ゴジラは10÷2=5体。頭は5つ。
2)実際には9つの頭があるので、差は9-5=4つ
3)一体のゴジラとキングギドラの頭の数の差は3-1=2つ
4)2)の四つの”余分”はゴジラではなくキングギドラだったので、キングギドラは4÷2=2体
5)10本の足のうち2×2=4本はキングギドラの足。
6)残りの10-4=6本はゴジラの足
6)ゴジラは6÷2=3体

ややこしいけど何とか解けます。

しかしこれはゴジラとキングギドラの足の数は2本で同じだから解けたのです。鶴と亀の頭の数が両方1つだからつるかめ算が解けたのと同じです。

そこで「ゴジラ・キングギドラ算」をバージョンアップしてみました。その名は「キングギドラ・モスラ算」。

注)一体のモスラの頭は1つ、足は6本(昆虫だからね)です。

問題:キングギドラとモスラが複数体います。頭の数は9つ。足は22本。それぞれ何体?

つるかめ算ビギナーの私には、つるかめ算で解くのは無理でした。方程式なら簡単なのですが・・・

つるかめ算というのは、誰も喜ばない伝統芸能みたいなものでしょうか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おもしろい問題ですね。
教科書も、ゴジラ、キングギドラ、ガメラとか出して、イラスト入りで説明したら子供はとっつきがいいとおもいますが・・。まあ、そうはいかないでしょうね・・・。(~_~;)

Re: No title

教科書だと東宝との権利関係があるから難しいかもしれません。
市販の問題集ならいけそうです。
漢字の「うんこドリル」というのが流行っているそうなので、算数の「怪獣ドリル」も権利関係を整理したらいけそうです。(^o^)

コメントありがとうございました。

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle