FC2ブログ

【時事問題】北朝鮮食糧事情

5月25日朝日新聞の記事「北朝鮮、本当に食糧難?生産量落ちても、米値下がりの謎」より

 北朝鮮の食糧事情が「ここ10年で最悪」と言われるなか、不足しているはずのコメの価格が値下がりする不思議な「逆転現象」が起きている。専門家の間では、実際は食糧難でないといった見方も。国際社会の制裁の影響もあり、苦しい状況には違いないようだ。
 国連世界食糧計画(WFP)は3日、北朝鮮の2018年の農作物の生産量が前年から12%減り、136万トンが不足すると発表した。原因は干ばつや洪水で、1010万人が食糧不足に陥ると指摘している。
 北朝鮮経済を専門にする韓国のIBK企業銀行の曺奉鉉・研究委員は「経済が困窮した1990年代後半の『苦難の行軍』後、餓死者という表現はあまり使われていないが、6月や7月には使われるかもしれない」と語る。
 一方、情報機関から報告を受けた国会情報委員会に所属する国会議員によると、昨年は1キロ5千ウォン台だったコメの価格が、最近は4千ウォン台に値下がりしている。この議員は「食糧供給が減っておらず、むしろ状況が良くなっているともいえる」と語る。
(略)


食糧難という説とそうでもないという真逆の説があります。

どう考えればいいかといえば、おそらく食糧難ではないのだと思います。

WFPが北朝鮮の農村に自由に出入りして生育状況を監視している、なんてことがあるはずありません。WFPの情報の出どころは北朝鮮当局のはずです。実際に食糧難だから食糧難だとWFPに言っている可能性もありますし、嘘を吐いて食糧難だといっているかもしれません。北朝鮮当局が嘘を吐くのは日常茶飯事ですから。

一方、市場のコメ価格の情報の出どころは、おそらく脱北者、それも複数の脱北者でしょう。脱北者がそろって嘘を吐くとは考えにくい話です。

両方本当だと考えることもできなくはありません。つまりコメの生育状況は悪いが備蓄米を放出して価格が下がっているということ可能性です。これは少なくとも当面はコメが足りなくて困った、という状況ではないことを意味しています。

また、食糧援助をしようとした韓国に冷たい態度をとっていることも食糧難が嘘ではないかと疑える根拠です。

国内引き締め的な意味で食糧難を言いつのっているのではないかと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle