FC2ブログ

【時事問題】”死にたければ一人で死ぬべき”か?

Yahooニュースから引用します。NPOほっとプラス代表理事・藤田孝典氏の呼びかけです。

報道の通り、5月28日(火)朝方、川崎市で多くの子どもが刺殺、刺傷される事件が発生した。
現時点では被害状況の一部しか判明していないため、事実関係は明らかではないが、犯人らしき人物が亡くなったことも報道されている。
それを受けてネット上では早速、犯人らしき人物への非難が殺到しており、なかには「死にたいなら人を巻き込まずに自分だけで死ぬべき」「死ぬなら迷惑かけずに死ね」などの強い表現も多く見受けられる。
まず緊急で記事を配信している理由は、これらの言説をネット上で流布しないでいただきたいからだ。
次の凶行を生まないためでもある。
秋葉原無差別殺傷事件など過去の事件でも、被告が述べるのは「社会に対する怨恨」「幸せそうな人々への怨恨」である。
要するに、何らか社会に対する恨みを募らせている場合が多く、「社会は辛い自分に何もしてくれない」という一方的な感情を有している場合がある。
類似の事件をこれ以上発生させないためにも、困っていたり、辛いことがあれば、社会は手を差し伸べるし、何かしらできることはあるというメッセージの必要性を痛感している。
「死にたいなら人を巻き込まずに自分だけで死ぬべき」「死ぬなら迷惑かけずに死ね」というメッセージを受け取った犯人と同様の想いを持つ人物は、これらの言葉から何を受け取るだろうか。
やはり社会は何もしてくれないし、自分を責め続けるだけなのだろう、という想いを募らせるかもしれない。
その主張がいかに理不尽で一方的な理由であれ、そう思ってしまう人々の一部が凶行に及ぶことを阻止しなければならない。
そのためにも、社会はあなたを大事にしているし、何かができるかもしれない。社会はあなたの命を軽視していないし、死んでほしいと思っている人間など1人もいない、という強いメッセージを発していくべき時だと思う。
人間は原則として、自分が大事にされていなければ、他者を大事に思いやることはできない。
社会全体でこれ以上、凶行が繰り返されないように、他者への言葉の発信や想いの伝え方に注意をいただきたい。


この発言に対して、いろいろな意見が戦わされていますので、私の意見を述べてみたいと思います。

この事件の犯人は自殺してしまったため、動機ははっきりしていません。一応、社会から孤立した果ての凶行だと考えられています。もしかしたら犯人の感情は別のものだったかもしれませんが、とりあえずこのような動機だったと仮定するのは不自然ではありません。

その上で、藤田氏の発言を読んでみると、ネットで”死にたければ一人で死ぬべき”という意見が出回ると犯行予備軍をさらに追い詰める、というものです。

そういうこともあるかもしれません。しかし、その意見にもっともだと賛同し、他人を巻き込んだ”自殺”を思いなおすこともあるかもしれません。

犯行予備軍を追い詰めるという仮定がどれほど正しいのか釈然としません。

そもそも、”一人で死ね”という意見を表明するのも言論の自由の行使です。やめろという言うにはそれ相応の理由が必要です。他人の言論を制止するには、根拠が乏しいように感じます。

それに、思いやりのある言葉が一つもなければ犯罪予備軍が追い詰められる、という説なら同意できなくもありませんが、”一人で死ね”という意見が一つでもあったら追い詰められる、というのは極端です。

藤田氏が、自分は暖かい言葉を発信し続けるというのであれば、それは称賛にあたいするかもしれません。しかし、他人の口をふさごうというのは間違っていると思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle