FC2ブログ

【時事問題】議員辞職勧告決議

朝日新聞の記事より引用します。

北方領土を取り戻す手段として戦争に言及した丸山穂高衆院議員(大阪19区)に対し、事実上の辞職を求める糾弾決議が採択された。衆院が6日、全会一致で可決した決議は「ただちに自ら進退について判断するよう促す」と辞職を促した。全会一致の流れを作ったのは、同行した外務省の幹部らの証言などだった。
 丸山氏は5月10日、北方四島ビザなし渡航の今年度第1陣となる国後島訪問団の顧問として、根室市の根室港から出発した。国後島滞在中の11日には、酒に酔った状態で「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などと元島民に問いかけた。禁じられた外出を試みたりした。
 糾弾決議は、丸山氏の言動を「平和主義に反する発言をはじめ、議員としてあるまじき数々の暴言」と強調。「国益を大きく損ない、本院の権威と品位を著しく失墜させた」と非難し、「院として国会議員としての資格はないと断ぜざるを得ない。ただちに、自ら進退について判断するよう促す」として実質的に議員辞職を促している。ただし、法的拘束力はない。


たしかに丸山議員の言動には問題があります。「戦争」発言もどういう問題提起をしたかったのかよく分かりません。単に酔っ払いがくだをまいていただけのように見えます。特に、夜間勝手に外出しようとしたことは大問題です。ロシア当局に逮捕されたら、日本は不利な結着に追い込まれていた可能性があります。

しかし、だからといって有権者に選ばれた議員に軽々しく辞職勧告をしていいというものではありません。

こんなことが前例になったら、この後どういう理由で辞職勧告が乱発されるかわかったものではありません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

議員活動を正確に

丸山議員
 過去に どのような政治活動をしてきたのでしょうか?
 どのような国家観・世界観を持っていらっしゃるのでしょうか?
 過去の歴史認識は、どのようなものなのでしょうか?
など、冷静な評価が必要だと思います。
もしかしたら、かなり良いスコアが出るのでは?

感情的・煽情的な言動は、慎むのが民主主義の基本的マナー
とくに国会では


領土問題の解決は
フランスとドイツの例をとっても、戦争で取り戻すのが過去の歴史?
話し合いでの領土返却は非現実的で、金か武器?

って、政治的タブーを丸山サマは、拙くも酔った勢いで口に出してしまった?
つまり
 領土は、戦争しないと取り戻せない!
 戦争はできない。
だから
 金で決着を付けよう
あるいは
 もう、領土問題は戦略的な思考の中で考えよう!
 Russiaという難しいお国とお付き合いするための政治的ツールとして

って、ことなのかしら。
やがて、文芸春秋あたりに、ご自身のお考えを?
辞職なさるのであれば、その後でも、、、
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle