FC2ブログ

【朝日新聞】アベノミクスの評価方法とは

6月12日朝日新聞朝刊の記事「5人家族、月給は4万円アップ…アベノミクスの実感は」より

 「食費は節約できても、授業料はまけてもらえない。今がふんばり時だけど……」。東京都西東京市の女性(46)は、家計簿をつけながら、やりくりを考え直す必要を感じている。
 会社員の夫(56)、大学生の長女(19)、高校生の次女(17)、実母(81)との5人家族。毎年、年の初めに費目ごとの予算を立てる。その月の支出が予算を超えると、パソコンの画面表示が文字通り赤字になる。長女が大学に入った今年4月は、教育費が大幅に予算をオーバーした。
 安倍政権の経済政策「アベノミクス」が始まった直後の6年前の2013年4月と見比べると、夫の月給は、4万1238円上がった。しかし、税金と社会保険料の合計も3万899円増。電話代は2万4347円増えた。この間に携帯電話をスマートフォンにしたことが大きい。電気代は1430円増だ。
 外食はしないようになり、パンは買わずにカードのポイントをためて手に入れたホームベーカリーで焼く。食費が予算を超えそうな時は買い物に行かず、乾物など家にあるものを使って乗り切る。家族のライフスタイルの変化もあり、食費は1万5千円ほど減ったが、なお節約の工夫を重ねる。
 今年4月の教育費は53万4534円。次女の高校の授業料に加え、長女が大学で必要なパソコンを買ったのが予定外の出費だった。今年はあと、大学の後期授業料と次女の3回分の授業料が引き落とされる。学資保険で備えてきたが、しばらくは預貯金を取り崩す生活が続きそうだ。
 夫の給料はこれから下がる時期に入り、自分も週3日パートで働き始めた。ただ、介護認定を受けている母親がデイサービスに行く日に限られるため、介護サービスの縮小が進めば働き続けられないかもしれないのも不安だ。「金利が低いままで預金も増えず、企業ばかりがもうけて消費者は損をしている気がします」
(略)


政府の経済政策の効果を検証するのは大事なことです。しかし、特定個人の事情だけを取り上げても一般化できません。

長女が大学に入ってパソコンを買ったとか、スマートフォンにして電話代が2万4337円になったとかいうのは、そのご家庭の事情に過ぎません。アベノミクスで国民の多くが経済的に助かっているか、あるいは苦しんでいるかはわかりません。

それはともかく、”家計の余裕”の考察としては根深い問題があります。

家計に余裕がある状態というのは、必ずしも貯蓄が増えていく状態だけを指すわけではありません。貯蓄が増えていく状態であれば家計に余裕があると言えますが、贅沢な生活を楽しんで貯金がしていない状態であっても、家計には余裕があると感じます。

しかし何が贅沢なのかは、個人の主観によるところがほとんどです。記事の例だと、スマートフォン代に月2万5千円を費やしていますが、おそらくこの家族はスマートフォンを生活に必須なものととらえているのでしょう。だからかつかつの生活だ、という感想になります。

人によってはスマートフォンを贅沢に暮らすための道具と考えているかもしれません。その人にとっては、同じ収入・支出でも生活を楽しんでいます、と言うでしょう。

このため”家計に余裕がありますか?”といった質問で、政府の経済政策を判断するのは飛躍がありすぎます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle