FC2ブログ

【映画】ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

ハリウッドのゴジラ映画です。主要な怪獣としてキングギドラ、モスラ、ラドンも出ます。エンドロールで「怪獣名 himself」と出てきて、まるで本人が出演したみたいなお遊びもありました。

お金をかけただけあって映像は大変なものです。日本の怪獣映画ではこうはいきません。その反面、怪獣が夜のシーンだけに登場し、はっきりとした色彩がわからないところが不満です。

怪獣のアップのシーンも多く、全体のフォルムをたまにしか見せてくれません。

それと、怪獣の動きが速すぎます。早く動かすとカッコイイと思っているのかもしれませんが、大きさが感じられなくなります。実際には速く動いても、全体が大きいのでゆっくりに見えるという理屈です。ゆっくり動かさないと大きく見えません。

昼間のシーンで引きを多用し若干ゆっくりと動かす日本の怪獣映画とはちょっと違うという感じがしました。

また、人間ドラマの部分はよく理解できません。変なドラマを入れるくらいなら、人間は右往左往しているだけの方がいいです。

あまり褒めませんでしたが、大画面でみるとかなりの迫力があります。映画館で観るべき映画なのは確かです。

これ、シリーズになるみたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

見てないんですけど

 キングギドラは期待できそうです。個人的にモスラは嫌いなので鎧袖一触で屠って欲しい。それと、人間の味方になるようなゴジラはゴジラじゃない、徹底的に破壊の限りを尽くして欲しいもんです。

1954

ゴジラ初演は1954年
日の丸を付けたアメリカ製ジェット戦闘機が空を舞い、朝鮮戦争の戦火もすぐ前の出来事で、企画は朝鮮戦争中?
朝鮮特需で日本は復興を目指し

そのころのゴジラと現代とでは、まったく違う社会情勢で
むしろ、1954年のゴジラを観てみたい、と思いました。


天安門を中国の若者が知らないように、日本の敗戦についても日本の若者は多くを知らずに現代のゴジラを観る、ということに少々違和感を覚えます。

初代ゴジラは

水爆実験に反対する思想下で造られたものです・原作者である香山滋はその後もゴジラ作品の依頼を受けますが・「~VSアンギラス」だけを造り・他は「バラン」「ラドン」など単体の怪獣映画のみ携わっています。香山は「ゴジラはもう書けないよ」と言ったといいます・つまりゴジラは「娯楽」として書いたわけではなかったからです。

初代ゴジラでは「ゴジラに寄る被災者たち・ベッドに横になる者・医者看護婦など」が映るシーンがあります・しかしこれ以降・そのようなシーンは描かれません。それはゴジラが「娯楽」になったためです。初代ゴジラは戦争体験者が多くいた時代であり・映画と観客が共有し合える「何かがあった」時代の代物です。

ワタシは「ゴジラ」と「シン・ゴジラ」は支持します。「ゴジラVS~」は興味がありません。単なる「怪獣のプロレスショー」だからです・因みに「ラドン」は九州・炭鉱という地方を活かした映画作りで・その点に置いては貴重な作品かと考えます。

ただし「怪獣映画のエンターメント性」を否定するつもりはありません。

Re: 初代ゴジラは

waravino さん
blogには書きませんでしたが、今回の映画では核兵器を肯定するような使い方をしています。ちょっと「えっ~」となりました。

「ゴジラVS~」では、「メカゴジラ」と「ビオランテ」が面白かったです。完全な娯楽映画ですが(笑)

Re: 1954

初代ゴジラの東京進撃シーンは太平洋戦争中の空襲が念頭にあったのだと思います。時代背景を知らずに、今のゴジラを楽しむことの是非についてはおっしゃる通りだと思います。

Re: 見てないんですけど

確かにゴジラは人類の敵であるべきなのですが、そうやっちゃうとシリーズ化が難しいんですよね。平成のゴジラシリーズはそこが混乱していたように思っています。

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle