FC2ブログ

【アニメ】どろろ

リメイクです。

1969年の「どろろ/どろろと百鬼丸」は観ています。感想はここです。旧作にいくつかの疑問を提示していました。

1)百鬼丸が体の部位を失っていても取り戻しても日常生活でも戦闘でも違いがないように見える
2)死体や死体になりかけはいくらでもいるのに、魔物たちが百鬼丸の体を欲した理由がわからない
3)仮に何かの理由で百鬼丸の体を欲したにせよ、強大な魔物たちが父親の承諾を必要とするのは変
4)百鬼丸の体と引き換えに天下取りを約束したはずなのに、魔物たちが協力している風に見えないし、父親も不平をもらしていない
5)どろろが女の子であることを最終回で明かしたが、意味付けがわからない。

リメイクなので、前作の瑕疵(?)をどれだけ乗り越えられるかに注目して視聴しました。

1)は明らかに改善しています。体を取り戻すことで日常生活でも戦闘でも変化が見られます。今作の見どころになりました。
2)ははっきりはしませんでしたが、最終回で、百鬼丸の体そのものに魔物たちが惹かれる理由があったのではないか、と語られています
3)は今作でも不可解なままです。
4)は、天下取りではなく、領内の安定が約束したという設定にしました。百鬼丸が体を取り戻すことで魔物が約束を徐々に反故にしていくという設定に生かしています。もっとも父親(醍醐景光)からすれば、魔物たちと百鬼丸の争いには関知できないので(勝手に負けた魔物が悪いので)、領内安定の約束を反故にするのは魔物たちの契約違反なのでしょうが・・・
5)女の子だったというのは中盤で明かしているので、旧作にあった唐突感はなくなりました。

十分に成功したリメイクだったと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle