FC2ブログ

【朝日新聞】韓国でも引きこもり

8月1日朝日新聞朝刊の記事『引きこもり、韓国でも 悩む親「日本参考にするしか…」』より。韓国でも引きこもりが社会問題化していて、引きこもりの先達である日本を参考にしているというニュースです。

(略)
 自身もひきこもりの子を持つ母親である父母の会の副会長、金元眉さん(50)は「問題が水面上に出てきているのを感じる。実態をもっと深く知り、互いに慰め合うために、日本の父母たちと連絡をぜひ取りたい」と話す。
 韓国では様々な課題が日本から10~20年遅れて問題化するといわれる。世論も日本で起こる社会現象が「韓国にもあるのではないか」と気にかける。いじめは日本に続いて社会問題化し、日本語の「いじめ」が使われるようになった。少子高齢化にも悩む。そして姿を現しつつあるのがひきこもりだ。
 21万人と推計した国会議員の尹一逵さん(69)は医師として日本の医師らと情報交換をしてきた経験から「日本という課題先進国が隣にあることは韓国に有利だ」と指摘する。「社会と経済の構造が似ているから、日本の政策を参考にすれば失敗のリスクは低くなる。日本が失敗した部分があれば反面教師にすればいい」
 ひきこもりの子と向き合う悩みについて、ソウルに住む50代の母親に聞いた。
 私の17歳の息子は、部屋を施錠して食事やトイレのほかは部屋を出ません。中学3年のころ理由なく欠席を始め、「なぜ学校に行くのか分からない」。だんだん欠席が増え、高校は中退しました。
(略)
 息子は部屋では、ずっとスマホ。日本のアニメや音楽が好きで、ボーカロイド(音声合成ソフト)のキャラクター「初音ミク」の大ファンです。うそのようですが、日本語が話せるようになっていました。
 日本では共同生活やボランティアをした。今も部屋からは出ませんが、大学に行きたいと言うようになりました。韓国で経験できなかったことに日本で接し、とても助けになりました。ひきこもりに関しては、日本を参考にするしかないのです。
 日本では父母の集まりにも出ました。「私の子はひきこもって20年になる」という話を聞くうち、親の悩みは変わらないんだと思った。解説書で役立った2冊も日本語からの翻訳です。



韓国では日本の課題が20~30年遅れて問題化していて、引きこもりも注目されるようになった、という解説です。

しかしこれはデータに裏付けられたものではありません。例えば「セクハラ」という言葉が一般化する前から「セクハラ」に相当する事例は多数ありました。「DV」などというもの同じです。「引きこもり」という言葉が生まれる前からたぶん引きこもりは存在していて、高級遊民とか登校拒否とか言われていた人たちがそれにあたるのでしょう。

「いじめ」も日本発祥みたいにみなされていますが、アメリカのドラマや映画でも学校内のいじめはよく描かれていました。

韓国で「引きこもり」が注目されたのが最近でも、もとからそういう人たちはいた可能性はあります。日本発のニュースに触発されて周りを見渡すと、わが国にも「引きこもり」が多数いると発見した、ということかもしれません。


日本のアニメや音楽が大好きで日本語が話せるようになった(どの程度かはともかく)、というのは驚きです。

アメリカ映画や音楽が好きな日本人は多数いますが、それが嵩じて英語が話せるようになった、というのはついぞ聞きません。

もしかしたら日本人というのは語学の才に欠けているのでしょうか?


最近、政治における日韓の離間が進んでいますが、こういう事柄なら協力できることは協力するのは良いことかと思います。

「民間協力がたくさんあるのだからホワイト国のままにしろ」とか言われても困りますが・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle