FC2ブログ

【介護】議員の介護費負担

8月2日朝日新聞の記事「介護費負担、職場か公費か 参院、重度障害のれいわ2氏登院 公用車に福祉車両、課題」より引用します。

 参院選後初となる臨時国会が1日開会し、れいわ新選組の木村英子、舩後(ふなご)靖彦の両参院議員が初登院した。重度の身体障害のある2氏の議員活動に支障がないよう、本会議場の議席改修といったバリアフリー化が行われたが、介護費用の負担のあり方など多くの課題が残されている。
 午前9時過ぎ、木村氏は国会正門に到着すると、支援者らを前に「私たちが求めてきた、介護を必要とする障害者が重度訪問介護サービスを使って就労することは認められなかった」とあいさつした。
 重度訪問介護とは、重度の身体障害者らを対象に入浴や食事、外出時などを支援する制度。利用者の自己負担は最大1割で、上限は月3万7200円。自己負担分以外の費用は公費でまかなっている。厚生労働省によると、2019年3月時点の利用者は全国で1万1253人。ただ、個人の経済活動を公費で支援することに賛否があるとして、通勤時や自宅・職場で働く間の利用を認めていない。
 この制度を、木村、舩後両氏は利用しているが、厚労省の運用ルールでは、職場とみなされる国会内での介護費用は、公費負担の適用外。2氏は自分たちと同じように障害がある人も働きやすい環境を整えるために、介護費用を職場が負担するのではなく、公費でまかなえるよう求めてきたが、参院議院運営委員会は、介護費用は当面、参院などで負担することを決めた。
 2氏が求めた内容と異なる決定となったが、木村氏は1日、「制度の改正には時間がかかる。改善していくために私たちは国会の中で取り組んでいく」と決意を述べた。
 介護費用の参院負担には、日本維新の会も反対したが理由は異なる。維新の松井一郎代表は7月31日に「参院議員は個人事業主だ。事業主なのに、参院で負担するお金は税金で、特別扱いだ」と、自己負担でまかなうべきだと指摘。その上で「国会議員だろうと、一般の人だろうと公平平等に支援が受けられる制度とするべきだ」と話した。
(略)


重度訪問介護というもの自体今回初めて知ったのですが、新聞記事から読み解くと、仕事中の介護サービス費を誰が出すか、という問題があるそうです。

パターンとしては、(1)公費でまかなう(2)職場が負担する(3)自費負担、の三つです。

厚生省のルールでは個人の経済活動なので公費で払うのは無理ということです。

私の働いている職場(民間企業です)の立場で考えると(2)は考えにくいです。会社はその人の働きに応じて給料を払っているわけですが、余分に介護費を負担しなければならないとしたら、正直言って雇いたくはならないでしょう。

企業規模により一定数の身障者を雇うのが義務のようですが、そうであっても介護の必要のない(介護費を払わなくていい)人を雇おうとするはずです。

では個人で支払うかというとそれも現実的ではありません。

働きによっては相応の給料は支払われますが、自分で介護費を払ったらおそらく入った分だけ出ていくだけです。経済的な面だけから見ると、何のために働いているのか分かりません。

だからといって家に閉じこもってるのが良いことだとは思いません。可能であれば社会に出て稼ぐというのは大事なことです。

したがって公費で払うのが妥当という結論になります。

しかし問題なのは、参議院議員の給料が一般社会人に比べかなり高額だという点です。2200万円と聞いたことがあります。

平均的な(あるいは平均以下の)給料で働いて介護費を個人負担するのは無理ですが、高給取りなら自己負担は当然です。

選挙に出た時は、弱い者の代表という意識だったと思います。議員になった後もそういう意識は持っていると思いますし、それは悪くはありません。しかし、別の面から見れば議員は特権階級でもあり、身を律する義務があります。

重度訪問介護の問題点を国会で訴えたいという気持ちは大事ですが、少なくとも年収による制限を加える、と提案すべきです。それをしなければ自分のために議員活動をしていると誤解されるおそれがあります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

障害者の権利

勿論、障礙を持たれた方の意見、要望をしっかりと受け止める事は、
社会や議員の方々の、義務でもあります。
しかし、このお二方のような、重度の介護を必要な方を、直接国会の場に送る必要があるのか?
甚だ疑問に、感じます。(口に出すことは、憚られますが・・・)
山本氏の、独特なパフォーマンスとしか、思えません。

Re: 障害者の権利

たしかになんだか批判してはいけないような空気がありますよね。

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle