FC2ブログ

【映画】アルキメデスの大戦

原作は未読です

昭和8年(1933年)、第2次世界大戦開戦前の日本。日本帝国海軍の上層部は世界に威厳を示すための超大型戦艦大和の建造に意欲を見せるが、海軍少将の山本五十六は今後の海戦には航空母艦の方が必要だと主張する。進言を無視する軍上層部の動きに危険を感じた山本は、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を軍に招き入れる。その狙いは、彼の卓越した数学的能力をもって大和建造にかかる高額の費用を試算し、計画の裏でうごめく軍部の陰謀を暴くことだった。


歴史を題材にしているため、頭脳派キャラ(敵・味方を問わず)、観客が知っている「未来」(観客にとっては過去)を言い当てればいいのですから、ある意味簡単です。この映画の場合は、(1)アメリカと戦争すると負ける(2)戦艦より航空母艦の方が重要の二点です。

流石にアメリカと戦争して負けたことを知らない人はいないでしょうが、戦艦と航空母艦の価値については若い観客は知らないかもしれません。そのため冒頭で、戦艦大和が米航空部隊の前に敗北する姿を描き、戦争は戦艦だけでは勝てないことをきちんと示します。

ところで大和を建造すると国民が熱狂して戦争になるから大和建造を阻止しよう、というのが山本五十六と主人公の行動動機ですが、これはちょっと説得力がありません。巨大戦艦で熱狂するなら、航空母艦でも熱狂するかもしれません。最後のクライマックスシーンでも、これこれのことをすれば国民の意識はかくかくなる、という決めつけが横行します。国民の意識というのはそんなに簡単なものか、という気がしました。

さて、山本五十六は主人公に大和建造費の見積もりの秘密(常識より安く作れると試算してある)を暴かせようとします。さまざまな妨害にめげず・・・というのが大まかな流れです。

しかし、数学者が巨大戦艦の建造費を”本当はこんだけかかる!”と主張したところで、”あなたは素人でしょ”と返されるに決まっています。

実際は、積み上げた形の見積もりはできなくて、使用する鉄の量で建造費が決まるという相関関係を発見して会議に臨むことになります。そこで既存の艦船の建造費をどんぴしゃで言い当てることで信用を得て、そこから巨大戦艦の本当の建造費を暴く、という筋です。

ところで、造船会社がなぜ本来より安い見積もりで巨大戦艦を建造できるかといえば、いっしょに発注する小型艦船を実際より高く受注できるから差し引きトントンになるという裏があります。

これが軍の陰謀ということなのですが、二重におかしいです。第一に、小型艦船と巨大艦船コミでトントンになっているなら、血税を無駄にして戦艦を建造している、という山本五十六と主人公の告発は意味をなくしています。戦艦がいいのか航空母艦がいいのかという議論を棚上げして考えれば、トータルで税金は無駄になっていません。

第二に、抱き合わせ発注・受注は軍ではよく行っているという設定なのですから、主人が方程式を作るために集めたサンプルは「正しくない」ことになります。会議で将官を驚かす方程式は作れないはずです。

素人である数学者が軍に挑む、という構図にしたかったのでしょうが、そもそもそこに無理があるような気がしました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle