FC2ブログ

【朝日新聞】政治家の結婚に報道の価値はあるのか?

8月9日朝日新聞の「ニュースQ3」。『劇場型結婚? 首相官邸で「会見」の意図は』より

 7日午後、自民党の小泉進次郎衆院議員とアナウンサーの滝川クリステルさんが首相官邸で行った結婚報告「会見」が全国に生中継された。なぜ、あの場所で?
(略)
 この成り行きは小泉氏の戦略だったのか。「すべて計算ずくだったのでは」と元毎日放送プロデューサーの影山貴彦・同志社女子大教授は推測する。「週刊誌に結婚をかぎつけられる前に、ワイドショーの時間を狙って一斉に情報を発信したように見える」
 滝川さんと一緒に堂々と結婚を報告することで、小泉氏を熱心に支えているとされる女性の支持者らを納得させることにも成功したのではないか、とも。「劇場型結婚とでも言えるでしょうか。あざといけれど、父の小泉純一郎元首相と親子そろって、メディアの使い方はピカイチだと思いました」
 官邸に結婚を報告しに来た議員は小泉氏だけではない。2006年には、杉村太蔵衆院議員(当時)が官邸に小泉首相を訪ねた。だが2人そろって官邸から生中継で結婚発表まで行ったのは極めて異例だ。ネットなどで「公私混同だ」との批判の声も上がる。
 政治とメディアの関係に詳しい逢坂巌・駒沢大准教授は、議員が官邸で結婚を報告するのは「一般的な社会儀礼として許容されるのでは」とみる。逢坂さんはむしろ、7日夜の民放の報道番組がトップでこのニュースを伝えるなどメディアが大々的に報じたことを懸念する。
 安倍首相が9月に内閣改造を行う方向で調整する中、「官邸で首相に結婚を報告できる立場だとアピールしたい小泉氏や、その人気に乗っかろうとする政権のPRを担う応援団になってしまった」。結婚に驚きがあったのは事実だが、「官邸や小泉氏の意図の検証にも力を入れるべきではないか」。(吉川真布、真野啓太、佐藤恵子)


小泉氏にどういう意図があったのかは不明ですが、「官邸や小泉氏の意図の検証に力を入れる」より先にすべきことがあります。

そもそもがどうでもいいようなニュースです。現職の大臣というわけでもありませんし、現職の大臣だったとしても報道する価値があるかどうか疑問です。

政治家の結婚を大ニュースであるかのごとく報じているマスコミがある以上、政治家が利用しようとしても不思議ではありません。政治家の意図の検証をする前に、なぜマスコミはこんなニュースを大々的に報じたのかを自ら検証すべきです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle