FC2ブログ

【時事問題】フランスは死刑廃止国?

8月14日朝日新聞の記事「仏出身IS戦闘員に死刑 シリアで捕まる→イラクで即決裁判 11人に判決、仏政府は容認」より
 

過激派組織「イスラム国」(IS)のフランス人戦闘員がイラクで相次ぎ死刑判決を受け、外国人戦闘員の裁判のあり方が問題になっている。戦闘員らは隣国シリアの北東部で捕らえられた後にイラクに送られたが、欧州の出身国は身柄引き取りに後ろ向きだ。
(略)
 死刑を廃止したフランスは本来、死刑を受ける恐れのある国に自国民の容疑者を引き渡さない立場だ。だが、マクロン大統領はフランス人戦闘員の裁判は「イラクで行われるべきだ」と主張、外務省はイラクの主権を尊重するとの考えだ。
 今年2月末の仏紙フィガロによる世論調査では、89%のフランス人がIS戦闘員の帰国は不安だとし、82%はイラクで裁判が行われることに賛成と答えた。仏政府の方針は、世論の不安を反映したものだ。
(略)


IS戦闘員の帰国を拒否しているのが、世論調査で8割以上ということは、フランスの総意と言っていいでしょう。

フランスでは死刑を廃止しているため、フランスで裁くと死刑にできないから反対しているとしか思えません。

死刑廃止国という看板は下ろしたくないからイラクで死刑にしてください、ということでしょうか。随分得手勝手です。

多くのフランス人がこの現状を恥ずかしいと思っていなさそうなところが不思議ですが、これこそがフランス人らしいというべきでしょうか?(←ヘイトスピーチです!)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle