FC2ブログ

【テレビ】BS1スペシャル「隠された“戦争協力” 朝鮮戦争と日本人」

NHK BS1放送

「私は北朝鮮兵を殺しました・・・」。その極秘の尋問記録には、これまで隠されてきた日本人の“戦争協力”について告白が記されていた。1950年に勃発した朝鮮戦争。今回、米軍の支援に当たっていた日本人70人の尋問記録をアメリカで発見。朝鮮半島の最前線で、日本人が戦争に関わっていたという記録が初めて明らかになったのだ。尋問後、米軍は一切の口外を禁じ事実を封印していた。歴史の闇に迫るドキュメンタリー。


日本は国としては朝鮮戦争に参加していませんが、米軍に協力していた日本人の軍属が朝鮮の血で銃をもって戦っていたことが明らかになりました。

当時の朝鮮の地図は日本語表記だったことや、韓国兵の多くが日本語を話せたが英語は話せなかったために通訳のできる日本人が重宝されたようです。当初は通訳とかコックとかいう理由で駆り出されたのですが、戦況が悪化したことで現地指揮官の判断で日本人に銃を持たせるケースが多数ありました。

これが当時の日本の国際的位置づけからいって問題だったらしく、長らく秘密指定されていて、生き残った日本人には緘口令をしき、戦死した場合は家族にうやむやな報告をしてきました。しかし米国は秘密文書も一定時間がたつと封印が解ける仕組みなので最近になってすこしずつ朝鮮戦争での日本人の参戦の実態が分かってきました。

多くの日本人軍属は高給にひかれ米軍で働いたようです。朝鮮行きを打診されても断りにくかったようですし、現地で敵に囲まれたら上官の命令に従って銃をとったことも仕方なかったと思います。しかし、戦死しても当然受けるべき栄誉を受けられなかったというのはひどく残酷なことだと思いました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle