FC2ブログ

【時事問題】ネットのデマ情報被害

8月24日朝日新聞の記事より引用します。

 茨城県守谷市の常磐自動車道で男性会社員があおり運転を受けた後に殴られた事件をめぐり、「傷害容疑で指名手配された男の車に同乗していたガラケー女」というデマ情報をネット上で流された女性が23日、弁護士とともに会見し、投稿者らの法的責任を追及する方針を明らかにした。都内在住で会社を経営する女性は「気軽なリツイートが情報を拡散させる怖さを考えてほしい」と訴えた。
(略)
注目を集める事件をめぐり、デマがネット上で拡散される例は過去にも起きている。2015年には、川崎市で起きた中学生殺害事件で無関係の少年の顔写真が広まり、17年に起きた東名高速でのあおり運転事件では、無関係の男性が「容疑者の父」とされた。
 お笑い芸人のスマイリーキクチさん(47)は1999年、「過去の殺人事件の犯人」とのデマを流された。「一度デマが流されると、影響を打ち消すのは大変」と語るキクチさんには、今も殺害予告などが届くという。「投稿した人たちは事件への怒りをぶつけたいだけ。情報の真偽も確かめず安易にリツイートした責任は重い」と話す。
(略)


本当の同乗者は逮捕されているので、この女性が「ガラケー女」でないことは明らかです。

こういうネット上のデマ情報は何度も何度も拡散していますが、特徴的なのが、他人を吊るし上げる、ということのように思います。正義感の現れなのかもしれませんし、他人を引きずりおろしたいという負の感情もあるかもしれません。

最近では被害者からの反撃があるので、安易に投稿していると人生を台無しにする危険もあります。気を付けたいものです。

もっとも加害者にならないのはそんな投稿をしなければいいだけなので簡単ですが、被害者になってしまう危険は誰にでもありますし、気を付ける方法もありません。

今回は濡れ衣であることがはっきりしているので、被害回復は可能だと思いますが、もし未解決事件になったりしたら死ぬまで(もしかしたら死んでも)言われ続けるかもしれません。ゾッとする思いです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle