FC2ブログ

【朝日新聞】それは「情」ではない

10月2日朝日新聞夕刊。国際報道部・鈴木拓也氏の『(取材考記)韓国・文大統領、強める日本批判 「法」と「情」、尊重する解決策は』より

 「Trilateral(トリラテラル)+X(エックス)」。8月下旬、北京であった日中韓3カ国の外相会談後、こんなタイトルの合意文書が発表された。3カ国(トリラテラル)の協力を、経済や環境などの幅広い分野で他の国(X)にも広げることを掲げたものだ。
 無味乾燥なタイトルが決まるまでには、実はちょっとしたもんちゃくがあった。その前日、各国政府の関係者間で行われた事前折衝で、韓国側がタイトル案に反対し深夜まで話し合いが続いたのだ。
 議長国の中国が用意していたタイトルの原案は「CJK+X」だった。各国の英語の頭文字C(中国)、J(日本)、K(韓国)をアルファベット順に並べたものだ。中国側に他意はなかったようだが、日本政府関係者によると、韓国がこれに「日本より後に表記されるのは困る」と異議を唱えたという。結局、日本と中国は困惑しながらもその主張を受け入れ、「CJK」は「3カ国」に書き換えられた。
 「日本に二度と負けない」。韓国の文在寅大統領がこう口にしたのは8月上旬。日本が輸出優遇国のリストから韓国の除外を決めた直後、文氏が日本を痛烈に批判した時のことだ。そんな決意表明が早速、外交の舞台裏で実践されたということか。その翌日、文政権は日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた。
 韓国は東京電力福島第一原発から出る汚染水処理やスポーツ会場への旭日旗の持ち込みを巡っても、日本批判の姿勢を強めている。「しばらく放っておくしかない」。日本政府内にはそんな諦めムードが広がっているという。
 関係悪化の発端は、日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた昨秋の韓国大法院(最高裁)判決だった。日韓請求権協定で韓国政府も「解決済み」としてきた問題のちゃぶ台返しだ。だが、安倍政権が事実上の報復措置として決めた輸出規制もまた劇薬だった。
 対応が後手に回った文氏の責任は重いが、「ボールは韓国側にある」(安倍晋三首相)と突き放す対応には冷たさを感じる。「法」と「情」の双方を尊重する解決策はないものだろうか。


日本は「法」を重視し韓国は「情」を重視するのが日韓対立の底流にある、という見立てです。つまり、両方に言い分と責任があるという両者痛み分けの理屈です。

私はこの見立てには異議があります。

日本の主張は、”約束を守る”という人類文明で普遍的な価値の主張です。単なる「法」の重視ではありません。

また韓国の言うとおり「情」を重視するなら、韓国側から出る解決策は、いかにして元徴用工(実際は募集に応じただけで徴用工ではありませんが、ここでは措きます)を慰謝するか、というものであるはずです。日本企業が支払わないようですし、日本政府も妥協する気配がないのですから、とりあえずは韓国政府がなにがしかの補償をし、後は韓国政府が日本企業や日本政府と交渉する、というようになったはずです。高齢の元徴用工に本当に「情」をかけるならそうすべきです。

しかし韓国がやっているのは、ひたすら日本に頭を下げさせたい、という暗い欲求のみです。これは「情」ではありません。

「CJK+X」の並び順が気に入らないというのも「情」ではなく、子供のわがままのようなものです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本が報復措置として輸出規制をしたのは感情的な行動でしたね。
決まり事について論じるのならば正論で論破すべきですね。
報復措置などする必要はありません。
日本も韓国も同様な感情的政治ですよ。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle