FC2ブログ

【朝日新聞】大物の保守政治家?

10月10日朝日新聞朝刊。ノンフィクション作家・保阪正康氏へのインタビュー記事。「抵抗国会か翼賛国会か、岐路 立法府の姿勢、保阪正康さんに聞く」より

 臨時国会では、立法府つまり国会が行政府から本当に独立しているのか、三権分立が機能しているのか、が問われる。試金石となりうるのは、日韓問題だ。
 日本政府は1965年の日韓基本条約・請求権協定に基づき、元徴用工の補償問題は「完全かつ最終的に解決済み」との立場を取ってきた。韓国政府も同じ立場だったが、昨年10月の韓国大法院(最高裁)が覆した。これだけをみれば、安倍政権が言う「韓国は約束を守らない」というのも、その通りだと思う。
 しかし、65年当時、韓国は軍事体制下にあり、東西冷戦のさなかだったため、条約や協定があいまいさを残していたことは否めない。ここに目をつむったまま、日本政府が「私たちが正しい」と主張しているだけでは、韓国政府と平行線のままだ。
 安倍政権がそれでいいと言うなら、日韓問題を政治的プロパガンダに使っていると受け止められる。敵を作って世論を勇み立たせる形で、支持率アップや政権浮揚に利用していると。
(略) 
 かつて自民党内にいた大物の保守政治家は、基本条約・請求権協定の約束は約束として、日本が韓国を植民地化した歴史を踏まえて、「韓国の言い分も分かるね」と政治的な落としどころを探した。
(略)


韓国がひっくり返したのは軍事体制下の「約束」だけではありません。民主化した後も”徴用工問題は解決済み”という態度で一貫してきました。文政権は、軍事政権だけでなく、過去の政権すべてをひっくり返しています。保阪氏は事実関係をつまみ食いしています。

「かつて自民党内にいた大物の保守政治家」が「政治的な落としどころを探した」というのは、一般庶民からすれば胡散臭い話です。

本当に植民地化した歴史を踏まえて韓国に融和的だったのなら北朝鮮にも融和的であったはずです。

大物政治家が韓国の言い分を聞いていたのは、怪しい人士のつながりがあって、キックバックとかをしてもらっていたからではないかと思います。

そういうつながりがなくなったために、日本は韓国を普通の外国として扱うようになったのに対して、韓国は相変わらず日本に普通に接することができない。これが昨今の摩擦の原因だと考えます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

戦後の大物政治家?

って
宮澤喜一サマのことでしょうか?

田中角栄さまがご健在のころ、キッシンジャーが来日し宮沢様にお会いして帰って行った、とか。そんなお噂が?


戦後最高の頭脳と経験! と、自負していたようですが、どうなんでしょう?
非論理的で条約をも軽んじて暴走 迷走する中国大陸と朝鮮半島について、「聡明」な頭脳は理解不能だったのでは?

こういうひとは、学者には向いているかも、、、
学者? ポール・ヴァレリーでしたっけ、学者のことを「整理」するのが得意、って喝破したのは?

宮沢様でなかったら、、、どなたなんでしょう?
条約の深層まで知っていると自負する総理って、、、

そもそも、大臣クラスからして三大商社あたりで課長になれないような人材ばっかり、のような気もいたしますが、、、
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle