FC2ブログ

【テレビ】大草原の小さな家 シーズン1 #24 父さんの友情

たまに感想を書いている「大草原の小さな家」です。

24話「父さんの友情」は、町の創立記念日の話です。縄跳び競争とか、綱引きとか、パイのコンテストとか、要するに町中の人が参加する運動会みたいなものです。

インガルス一家はそれぞれいろいろな競技に出て勝ったり負けたりしますが、ハイライトは、チャールズの丸太割り競争です。チャールズは製材所の同僚で、もともと腕のいいきこりでしたが、年にはかなわない様子です。それでもチャールズを木のことがわからない農民と見くびって舐めた態度に出ます。チャールズもそれにいい感情はもちませんでしたが、もと木こりの妻から”うちの人はもう年だけど、この競技で勝てたら自信を取り戻せるかも”みたいに口説かれます。それを聞いたチャールズはわざと切れ味の悪い斧で参加して元きこりに敗れます。切れ味の悪い斧を使ったことに気づいたローラにチャールズは”年寄りにハンデをあげたんだ”と説明します。

現代日本人の感覚だと、全力を出さずに戦って勝ちを譲るというのは称賛されにくい行為です。それに元きこりはここで勝っても、年々老いていくわけですから、いつか若者に負ける日はきます。

いい話なのかなんなのかよくわからないシナリオでした。

今回でシーズン1は終了です。続けてシーズン2の放送かと期待したのですが、この枠の後番組は韓国ドラマだそうです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle