FC2ブログ

【時事問題】裁判員裁判の結論は尊重すべし

朝日新聞の記事「心斎橋2人刺殺、無期懲役確定へ 最高裁判決」を引用します。

 大阪・心斎橋で2012年、通行人の男女2人を刺殺したとして殺人罪などに問われた礒飛京三被告(44)の上告審判決が2日、あった。最高裁第一小法廷(小池裕裁判長)は「場当たり的な犯行であることは否定できず、無期懲役が甚だしく不当とはいえない」と述べ、検察・弁護側双方の上告を棄却した。一審の裁判員裁判の死刑判決を破棄し、無期懲役とした二審判決が確定する。
 裁判員裁判の死刑判決が二審で破棄され、無期懲役となったのは今回の事件を含め5件ある。全件で二審判決が確定することになる。第一小法廷は「死刑は究極の刑罰であり、適用は慎重でなければならない」と述べ、過去の裁判例との「公平性の確保」も踏まえて判断すべきだとの姿勢を改めて示した。5人の裁判官の一致した意見。
(略)


裁判員裁判が導入された理由は、市民の感覚を裁判に取り入れることにあったはずです。『過去の裁判例との「公平性」』では死刑に相当しないのかもしれませんが、市民感覚で死刑ならば尊重すべきです。

もちろん、有罪無罪のレベルでひっくり返すというなら、三審制ですのでかまいません。しかし裁判員が決めた量刑を加減するのは制度の精神に反すると思います。

これではなんのための裁判員裁判なのかわからなくなります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle