FC2ブログ

【雑記】感想文の思い出

12月8日朝日新聞投書欄。愛知県の塾講師の男性(28)の「感想文 ハードル高すぎないか」を引用します。

学生時代、感想文を書くのには苦労した。国語の授業でよく書かされたが、本当につらかった。まず感想が言葉で浮かんでこないし、浮かんでも一言二言で終わってしまう。苦しんでいるところへ、先生に「感じたことを書くのであって本文の内容を書くのではないよ」とくぎを刺され、にっちもさっちもいかなくなっていた。
先日「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」という本を読んだ。救われる思いがした。感想文は、プロでも難しいことを、子どもたちに要求しているとあったからだ。
文章力向上にはもちろん訓練が必要だけれども、感想文は難しすぎると思う。もっと書きやすい内容で訓練される方がいいのでは。あらすじや好きな場面、登場人物のことを書かせたり、社会科見学に行った場合、見てきたことを書かせたりといった具合だ。
ぐんとハードルを下げることで、文章を書くことに親しみやすくなると思う。


数学とか英語とか古文とか学校ではさまざまな教科があり、それぞれ嫌い(苦手)という人もいれば好き(得意)という人もいます。しかし読書感想文に限っては好きという人にお目にかかったことがありません。

私も嫌いでした。しかし大人になったら、誰に頼まれたわけでもないのにblogで本や映画の感想を書いています。

何が違うのかと考えると、一つには自分で本を選んでいないということです。学校で指定された本はどれもつまらないものばかりでした。強制されて読んだからそう思うのかもしれませんが、当時の私に合っていなかったのは確かです。

もう一つの問題は、感想文では暗にその本のよいところをあげてほめなければならないという縛りがあったことです。「感じたこと」というより、感動したところを書け、という具合です。つまらないと思った本の感動したところを挙げろ、というのは無茶な話です。

その本がつまらなかった理由なら、いくらでも書けたような気がします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

苦手だった

感想文・高校の頃に・書き上げたら帰って良し・ってあったんですよ・ボクはずっと考えて考えて・それでも書き出せない・その本が何であったか・さっぱり覚えていないが・担当の先生も一緒に教室にいる。ボクと先生だけになった・それでも書けない。一文字も。結局書けずに帰った。その恥ずかしさ・情けなさと言ったら。感想文を書くのにはコツがあると誰かに聞いたことがあります。今はネット動画なら書ける気がするんですがね。

Re: 苦手だった

>> 感想文・高校の頃に・書き上げたら帰って良し・ってあったんですよ
これはつらいですね。今思うに、簡単に書き上げる子は、本当は思ってないことを書いているのかもしれません。

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle