FC2ブログ

【テレビ】日曜美術館「浮世絵で見る忠臣蔵」

12月8日(日)にNHKで放送された「日曜美術館」。この日のテーマは「浮世絵で見る忠臣蔵」です。12月だから忠臣蔵特集のようです。

主に、国芳、広重、歌麿の作品を取り上げます。江戸時代のことなので史実の忠臣蔵ではなく、歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」に想を得ています。

国芳のは「誠忠義士伝」という役者絵風に赤穂浪士を一人一枚描いたシリーズです。国芳得意の武者絵を忠臣蔵に取り入れたものです。これは空前の大ヒットを記録しました。

広重の忠臣蔵の連作は、遠近の奥行のある場面の中で起きる忠臣蔵の出来事をつづっています。舞台を絵したものではなく、広重得意の風景画で忠臣蔵を描いたものです。

歌麿のシリーズは、女性の日常生活を描きながら、忠臣蔵の場面に見立てているという複雑な構成です。たとえば、着物の前をはだけたなまめかしい女性の図は切腹する浪士の姿に呼応する、という具合です。絵解きを楽しむものでもあります。

それぞれ画家の作風がにじみ出ていて面白かったです。

番組では触れていませんでしたが、吉良家用人の小林平八郎の曾孫が葛飾北斎という伝説だか史実だかがあります。この説の真偽はどうなのでしょうか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle